« №3683 早々に厳寒の那須から退散 | トップページ | №3685 第6回俳句作品展 »

2018年1月19日 (金)

№3684 今年の書初め

 毎年憂鬱なのだが、書初めの季節がやってきた。最近では字の下手さに、ほとんど直書きはしていない。パソコンのWORDかEXCELで書くことが多い。手紙もそれですませている。

Img_5066
 ただ、俳句の作品展が迫ってくると、そういうわけにもいかない。字全体が下手なのに、特に筆ペンが苦手だ。文房具屋に行って、なにかいいペンがないか探したら、「筆ペンの苦手な方へ」というサインペンがあった。今年はそれでいこう。

Img_5067
 例年の規格の短冊も用意した。5枚書く必要があるのだが、念のために8枚買っておいた。さらに、試し書き用の短冊も用意した。買った筆ペンで試し書きをしたのだが、いつもとそんなに変わりがないね。下手なものは下手だ。

Img_5068
 まあしようがないと、5枚の短冊を一気に書き上げた。あらためて眺めてみたが、まあ下手なこと。人前には出せない短冊だが、しようがない。

 明日から、埼玉県民活動総合センターのロビーで『第6回作品展』が始まる。

|

« №3683 早々に厳寒の那須から退散 | トップページ | №3685 第6回俳句作品展 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3683 早々に厳寒の那須から退散 | トップページ | №3685 第6回俳句作品展 »