« №3684 今年の書初め | トップページ | №3686 「ラグビー」が季語なんだ »

2018年1月20日 (土)

№3685 第6回俳句作品展

Img_5070
 1月19日から、埼玉県民活動総合センターのロビーにてわが桟雲の会の『第6回作品展』が開かれている。会期は1月26日までの一週間である。この作品展は、同好会の仲間が昨年作った俳句の中で、季節ごとにベスト5を選んだものだ。

Img_5069
 何度かこのブログでも予告したが、私も5句を選び、昨日下手な字で短冊に書いておいた。もう6回目になるので手慣れたもので、衝立に色模造紙を貼り、その上から短冊を並べて行った。模造紙の隅には、皆さんが提出した句を印刷しておいた。

Img_5071
 先生の作品を一番前に並べたが、手慣れた上手な字だ。先生に習字を習ったのか聞いてみたら、「まったくの自己流」だそうだ。それにしては良い字を書くね。短冊を並べてみると、私の下手な字が隠れたのでほっとした。

 例年と違うのは、この作品展の前に芳名帳を置き、訪問者の名前と感想を書いてもらうことにしたことだ。早速、読売新聞の記者が取材に訪れていた。近いうちに、埼玉版に載ることだろう。

Img_5073
 完成した作品展の前で、記念写真を撮った。

|

« №3684 今年の書初め | トップページ | №3686 「ラグビー」が季語なんだ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3684 今年の書初め | トップページ | №3686 「ラグビー」が季語なんだ »