« №3689 退職仲間が増えた | トップページ | №3691 今年も胃カメラ検査 »

2018年1月25日 (木)

№3690 東京国立博物館見学

 『東京シニア自然大学』の開講講座で、上野の建物巡りの会があった。

 上野には意外と名物の建物があり、巡り歩くだけでたっぷり一日かかる。私は所用があり、午前中の建物巡りには付き合えなかった。話に聞くと、昨年世界遺産になった『国立西洋美術館』のほかに、『東京文化会館』、『国立科学博物館』、『黒田記念館』、『東京芸大レンガ館』、『国際子ども図書館』などをボランティアガイドの案内で歩いてきたらしい。

 「このボランティアガイドがひどいの」と感想を述べる人もいたが、まあ、無料でお願いしているので、当たりはずれがあるのは仕方ないことだ。

Img_5086
 そして、午後は『東京国立博物館』の本館をじっくり見て歩く予定であった。午後1時に正門玄関に行ったら、20名以上の参加者がいた。ありがたいことに、国立博物館は70歳以上は無料で入場できた。

 「近くの科学博物館は65歳以上が無料なのに、なぜここは70歳以上なのだ」とぶつぶつ言う人もいた。そんなことを言っても、入場料は会が持つので、自分の懐は痛まないのにだ。

 この日の講座は、私も世話人だった。ノンノも世話人だったはずだが、彼女は体調不良とかでドタキャンだったようだ。この博物館行きを一番主張したのが彼女だったので、少々残念だった。

 私は、この博物館は何度か訪れている。もっとも、平成館で特別催事のある時に、少し立ち寄る程度だったが。

Img_5088
 この本館を一渡り歩くと、日本の歴史的重要作品が見て歩くことができる。仏像に始まり、刀剣・甲冑、陶磁器、漆工、着物、浮世絵、書画、考古遺物等だ。仁清の「色絵月梅図茶壷」が飾られていたが、テレビの「なんでも鑑定団」のファンである私にも、一体いくらぐらいするものか興味が湧いた。

Img_5091
 甲冑は徳川後期のもののようだったが、華麗なものだ。ものすごい量なので、一点一点みて歩くのは疲れる。ところどころにソファーがあったので、疲れては休んだ。それにしても、普段の運動不足のせいか、足腰が弱ったね。

Img_5092
 皆さん、2時間余りの見学で何を見たのだろうか。

|

« №3689 退職仲間が増えた | トップページ | №3691 今年も胃カメラ検査 »

東京シニア自然大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3689 退職仲間が増えた | トップページ | №3691 今年も胃カメラ検査 »