« №3704 1月に読んだ本 | トップページ | №3706 箱根の温泉に行こう »

2018年2月 9日 (金)

№3705 平昌五輪開幕

 今晩、いよいよ平昌オリンピックが開幕する。朝の情報番組を見ていると、五輪はさておき、北の美女軍団の話題であふれかえっていた。反対に、この話題がなければ、平昌五輪は散々だったのではないか。

 政治ショーを見る思いであるが、北朝鮮はしたたかだ。北を巡る国際包囲網を、この五輪を通して打ち破る様々な策動が垣間見えてくる。オリンピックはスポーツの祭典ではなく、北の動きを見るのに費やされている。

 ただ、昨日行われた北の軍事パレードは、この五輪を見据えて若干抑えられたのではないかな。例年の半分以下の規模だったという。

 北に惑わされることなく、純粋にオリンピックを楽しもう。アメリカの予想会社によると、「日本のメダルは14個獲得」だそうだ。そうのうち、金メダルは3個と予想していた。果たしてこの予想は当たるかどうかは知らないが、それでも14個は日本にとっては最大のメダルという。

 開幕に先立って昨晩は、男子ノーマルヒルジャンプの予選が行われた。57人参加で50人が予選を通過するのだそうだ。日本選手も4人出場したが、もちろん4人とも難なく予選は通過した。

 さて、注目はレジェンド葛西紀明がどうなるかだ。彼は、オリンピック連続8回出場という、とてつもない記録を打ち立てている。もちろん予選通過は問題なかったが、果たして往年の切れがあるのか。予選の成績は平凡なものだったが、「決戦ではここ一番の飛びをする」と言っているようだ。

 このオリンピックでは、日本選手が活躍する多くの場面が見られると期待したい。スピードスケートの小平奈緒、フィギュアスケートの羽生結弦、女子ジャンプの高梨沙羅、スノーボードハーフパイプの平野歩夢等多くの期待選手がいる。

 それ以上に期待したいのが、このオリンピックを機に北のかたくなな姿勢が柔らかくなることだ。文在寅韓国大統領が、必要以上に北に気を使っている。これが、北の氷を解かすかどうかも注目だ。まあ、無理かとは思うが…。

|

« №3704 1月に読んだ本 | トップページ | №3706 箱根の温泉に行こう »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3704 1月に読んだ本 | トップページ | №3706 箱根の温泉に行こう »