« №3709 私の嫌いな食べ物 | トップページ | №3711 葛西臨海公園で野鳥観察会 »

2018年2月14日 (水)

№3710 今月は美味しい何を食べようか

Img_5170
 「男の料理教室」の定例日であった。隔月に調理と食べ歩きを繰り返しているが、今月は食べ歩きの月だ。さて、世話人はどういうレストランを予約してくれたのだろうか。といっても、私も世話人だったが、女性の世話人に任せきりだ。

Img_5169
 この日の食べ歩き会場は、さいたま新都心から歩いて10分ほどのところにある【かのうや】という川魚専門店だった。うなぎのほかに鯉や川魚料理、すっぽん料理まである店だった。人気店らしく、お店に着いた時にはお客が入っていた。

 メニューを見たら、皆結構な値段だ。何を食べようか迷っていたら、お店の方が「一日15食限定の特製うなぎ御膳が人気です。今確認したら、残り9食だそうです」と言っていた。値段もリーズナブルだ。この日参加者12名のうち9人がこのうなぎ御膳を注文した。私も、皆さんと一緒のものだ。

Img_5173
 食べ放題の野菜メニューがあった。食べ放題という。何よりうなぎの骨の唐揚げがあり、これをいただいた。唐揚げを食べるなら、やはりビールでしょう。私を含め、3人がビールの生を飲んだ。最初に出てきたのが鯉こくだった。久し振りにおいしい鯉こくを食べたね。

Img_5175
 さらに、茶わん蒸しはすっぽんが入り、肝吸い付きのうな重は量も質も十分だった。単品で頼む半分の値段だ。この特性セットを目当てに、この店に来るのも分かるような気がした。われわれが注文したので、この日のセットは売り切れだ。

 この店は昔は川魚問屋で、レストランなど併設していなかったらしい。若いころこの店のすぐ近くに勤めていた仲間の一人は、「この店でこんな料理を食べられるとは、夢にも思わなかった」と話していた。よく聞いてみると、50年以上も前の話だという。

 特にした気分になって、この店を出た。さて、今日の見学コースはというと、「1年半ほど前に、この近くに造幣局が出来たので、見学に行きましょう」とのことだ。歩いて15分ほどのところだった。半分の方は他用があるとのことで帰った。

Img_5179
 7人で造幣局見学をした。この造幣局は、以前池袋にあったものを移設したらしい。池袋にあった時代に、たしか見学したことがあった。この造幣局の職員が、ガイドとして詳しく説明してくれた。

  ここでは、主にプルーフコインや勲章を作っているのだそうだ。昨日羽生と井山に送られた国民栄誉賞の楯も、この造幣局で作られたらしい。東京オリンピックのメダルも、まだ決まってはいないが、ここで作られるのではないだろうか。

 この日は、食べ物もおいしかったし、見学コースもよかった。

 

|

« №3709 私の嫌いな食べ物 | トップページ | №3711 葛西臨海公園で野鳥観察会 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3709 私の嫌いな食べ物 | トップページ | №3711 葛西臨海公園で野鳥観察会 »