« №3710 今月は美味しい何を食べようか | トップページ | №3712 歯科通院 »

2018年2月15日 (木)

№3711 葛西臨海公園で野鳥観察会

Img_5180 東京シニア自然大学NEXTの今期最後の講座は、「葛西臨海公園での野鳥観察会」であった。この日の参加者は16名だ。朝10時の集合時間には、全員勢揃いした。

 この日の講師は、奥日光でガイドをやっている、わが仲間のやまちゃんだ。いつも驚かされるのだが、彼の自然に対する知識はすごい。植物や昆虫だけでなく、この日の講座野鳥観察会も、彼なしでは考えられない。

 やまちゃんを含む世話人で、この日のために1月19日に今回の下見をしたようだ。その時には、36種類の野鳥を観察できたという。朝礼で、そのリストが手渡された。さて、この日は何種類の野鳥観察ができるのだろうか。

Img_5182
 何種類か写真に撮ったが、望遠なので写真がぼやけている。了解願いたい。公園入口で、まず最初に観察したのはムクドリだ。この鳥はどこにでもいる。ウグイスの鳴き声は聞こえたが、姿は見えなかった。ハシブトガラスや雀も、珍しい野鳥ではない。

Img_5185
 芝生の真ん中で何かを啄んでいるのはツグミである。姿勢が良いので、私にもすぐに見分けられた。ツグミは渡り鳥だという。

Img_5189
 浜に出てみた。海浜公園の沖に浮かんでいる野鳥は、スズガモだという。やまちゃんが望遠鏡を持ってきたので、覗かせてもらった。腹が白いのが雄でで、茶色いのが雌らしい。じっとして動かないのは、寝ているせいだという。夜行性の野鳥で、餌は夜取るらしい。

Img_5192
 浜辺で一生懸命餌をあさっていたのがハマシギだ。一体、何の餌をあさっているのだろうか。多分、ゴカイのようなものだろう。水の曳いた塩浜には、子ガニのような餌になる生物がたくさんいる。

Img_5194Img_5199  オオバンはこれもどこにでも見られる水鳥だが、アオジは珍しい野鳥だという。人懐っこい鳥で、すぐそばにやってきた。

 やまちゃんの解説だが、「チッと鳴くのがアオジで、チチッと鳴くのがホオジロだ」という。鳴き声も野鳥を見分ける重要なファクターである。

Img_5201
 私がこの日数えた野鳥は、全部で34種類だった。上の写真は、これもどこでも見られるアオサギだ。猛禽類でオオタカやノスリ、トンビも観察できたが、写真に撮ることはできなかった。

Img_5198
 この葛西臨海公園には鳥類園が敷設されており、静かに野鳥観察できる絶好の場所が何か所もあった。われわれ以外にも、大きな望遠レンズのカメラを抱え、観察に訪れる人が多かった。この日はポカポカ陽気で、土手の芝に座ってお昼を食べ、ピクニック気分だった。

|

« №3710 今月は美味しい何を食べようか | トップページ | №3712 歯科通院 »

東京シニア自然大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3710 今月は美味しい何を食べようか | トップページ | №3712 歯科通院 »