« №3725 映画『ザ・シークレットマン』 | トップページ | №3727 東京シニア自然大学4月の新入生 »

2018年3月 2日 (金)

№3726 今年も確定申告を

 「確定申告」の時期である。わが家の主な収入源は年金なので、確定申告する必要もないようなものだが、確定申告をすることによって国からお小遣いが出るので馬鹿にならない。

Img_5240
 今年も春日部税務署に行ってきた。車で20分ほどの距離だ。この日は春の嵐とかで、朝から雨が降っていた。こんな雨降りに税務署などに行く人は少ないかと思い、この日を選んだ。

Img_5241
 ところが豈図らんや、例年のように大混雑だった。駐車場に車を入れるのに40分ほど、パソコンの順番待ちで30分ほど待たされた。

 私は、2008年から確定申告をしている。その資料が全部残っている。パソコンでの入力に問題はない。それなら、自宅でe-taxで申告をすればよさそうなものだが、ほとんど関係ない税務署に年一度行くのもいいと思っている。

 パソコンで昨年の収入や社会保険料控除を打ち込むのはいつもの通りだ。全部打ち込むと、還付金がいくら返ってくるのかがわかる。今年も例年の手順で打ち込んだ。そしたら、返ってくるどころか払わなければならないと出た。

 パソコン現場には、大勢の担当係員がいる。昨年と同じ収入でなぜ払い込む必要があるのか、その係員に聞いてみた。どうやら金額の間違いと、打ち込み漏れがあるようなのだ。特に、配偶者控除の漏れを指摘された。

 それらを訂正したら、昨年よりも260円ほど多い還付金が返ってくるのが分かった。まあ、ちょっとしたお小遣いだね。

 お昼前にその手続きを終わった。そうだ、近くに住む郷里の友だちとお昼ご飯を食べようか。電話をしたら、たまたま空いているらしい。お昼ご飯を食べながら、1時間ほど近況を語り合った。4月にはお花見をやろうと話しあった。

|

« №3725 映画『ザ・シークレットマン』 | トップページ | №3727 東京シニア自然大学4月の新入生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3725 映画『ザ・シークレットマン』 | トップページ | №3727 東京シニア自然大学4月の新入生 »