« №3749 『将軍桜』が満開に | トップページ | №3751 東京シニア自然大学NEXT講座の下見 »

2018年3月26日 (月)

№3750 庭隅の一坪農園

Img_5520
 わが家の庭隅に一坪の小さな農園がある。私の反対を押し切って、柿の木を伐ったあとに出来たちっぽけな畑である。この畑が、なかなか威力を発揮している。昨年は、次々とキュウリやトマトが収穫できた。冬には、キャベツや白菜が採れた。今冬は野菜が高かっただけに、女房はほくほく顔だった。

 この畑には、野菜くずや食事の食べ残し、卵の殻などが埋められているせいか、栄養豊富だ。さらに、石灰や化成肥料などを撒いているらしい。

Img_5523Img_5521_2


 この畑は、女房が管理している。キャベツや白菜が終わり、さて次には何を植えようかと思案していた。いま植えられているのは、ほうれん草とセリだ。こんな狭い畑でも、次は何を植えようか、考えるのも楽しいらしい。

Img_5522Img_5524


 さあて、何を植えたのか見てみた。サニーレタスとネギのようだ。

Img_5528
 庭隅にはネットをかぶった野菜もある。一株残ったブロッコリーである。どうやら、この白菜を目指して野鳥がやってくる。そのたびに追っ払っていたようだが、追い切れずにネットを掛けたようだ。

 私も、そろそろ那須の畑仕事をしなければならないな。近いうちに那須に行って、ジャガイモを植えてこよう。

|

« №3749 『将軍桜』が満開に | トップページ | №3751 東京シニア自然大学NEXT講座の下見 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3749 『将軍桜』が満開に | トップページ | №3751 東京シニア自然大学NEXT講座の下見 »