« №3777 隣家の新築工事 | トップページ | №3779 図書館の効用 »

2018年4月23日 (月)

№3778 檸檬にたくさんの蕾が

Img_5756
 このブログで何度も話題にして恐縮だが、わが家の庭に一本の檸檬の木がある。この冬の寒さにやられて、常緑樹の葉が縮み、枯れ始めていた。植えてから15年ほどになる木だが、熱帯の木なのでもうダメかなと心配していた。

Img_5758
 それが、暖かくなるとともに新芽が噴き出してきた枯れていた。葉も自然と落ち始めている。新芽の勢いに、自然の力強さを感じた。

Img_5757
 さらに、この檸檬の木をよく見ると、花の蕾がたくさん付いている。檸檬の花は例年5月下旬に咲くのだが、桜が咲く時期が早かったので、果たして今年早まるのだろうか。

Img_5760
 例年たくさん咲く檸檬の花も、すべてが実を結ぶわけではない。大半が落花してしまう。それでも、一昨年は約30個の実がなったが、とうとう昨年は落果して、一個も実が残らなかった。

 果実が実をつけるのは一年おきだと聞く。さて、今年はどのくらい残るだろうか。

|

« №3777 隣家の新築工事 | トップページ | №3779 図書館の効用 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3777 隣家の新築工事 | トップページ | №3779 図書館の効用 »