« №3781 公営ギャンブル | トップページ | №3783 植物と昆虫の観察会 »

2018年4月27日 (金)

№3782 映画『ロンドン、人生はじめます』

 時間があるときは映画を観ることにしている。この日も歯医者に通い、用事を一件こなした。午後からはたっぷり時間がある。さて、久し振りに銀座に出てみよう。銀座で入る映画館は【スネスウィッチ銀座】だ。

 さて、何をやっているのだろうか。2本の映画がかかっていたが、『ロンドン、人生はじめます』を見ることにした。上映開始は2時50分だった。まだ時間があったので、銀座シックスの蔦屋書店で時間つぶしをした。

Img_5805
 『ロンドン、人生はじめます』は、肩の凝らない軽妙な恋愛小説だった。どうやら、実話に基づく話しとのことだ。

 高級マンションで一人暮らしに未亡人エミリー(ダイアン・キートン)は、そのマンションでも隣近所の鼻つまみ者だった。いろいろと借金をこしらえて、債務に追われる日々だった。

 ある日、亡くなった旦那の持ち物をあさっていたら、双眼鏡が見つかった。その双眼鏡で外を見ていたのだが、マンションの森に髭を伸ばした汚い男ドナルド(ブレンダン・グリーソン)を発見した。その男は、目の前の池で入浴兼水泳をしているようだった。

Photo
 興味を持って、その男を訪ねてみた。彼は、自分で作った汚い小屋に住んでいる。ただ、その土地の持ち主に、退去を迫られていた。そして裁判になったのだが、彼のその家にはもう17年も住んでいて、十分に居住権を主張できた。

 いつの間にか、エミリーとドナルルドとは恋仲になった。エミリーはマンションの追い立てを喰らっている。一緒に新しい土地に住まないかとドナルドに提案したが、受け入れてもらえなかった。しかし拒否された。

 エミリーは一人で新しい家に引っ越した。そこに、ドナルドが舟に乗って現れたのだ。ドナルドは居住していた家を売って、一夜にして億万長者になっていた。

 何か、ほんわかした良い映画だったね。

|

« №3781 公営ギャンブル | トップページ | №3783 植物と昆虫の観察会 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3781 公営ギャンブル | トップページ | №3783 植物と昆虫の観察会 »