« №3787 はなはだ迷惑な来客 | トップページ | №3789 那須に本屋を作ろう »

2018年5月 3日 (木)

№3788 ミズナラの伐採

Img_5875
 先日も話したが、わがあるるのいえの周りには5本のミズナラの木がある。もう70~80年にもなる大木である。高さも20mもあるだろうか。新緑も萌え出し、この木が那須を象徴している。

 涼しさを醸し出す木にも、ある障害がある。葉が生えだすと電波障害を起こし、テレビのBS放送が映らなくなるのだ。向かいのOhnoさんに相談したら、「幹を半分くらいに切って、短くしたらいいのじゃないか」と言ってくれた。その仕事をOhnoさんに頼むことにした。

Img_5873
 一軒隣の家も、ミズナラの葉が陽を遮るとかで、やはり伐採をお願いしていたようである。「それじゃ一緒にやりましょうか」といううことになった。隣のミズナラは3本あるそうで、そちらを先に伐るという。それなら私もお手伝いしよう。

 隣の家の木の脇には、電線が走っている。電線を傷つけないように伐採するには、デリケートな仕事が必要だ。幹を伐って倒す方向を確認してから、鋸を入れていた。幹をロープで縛り、倒す方向に引っ張るお手伝いをした。これがなかなか大変だった。

 結局、3本の幹の伐採に丸一日かかった。私の家の木を伐るのは、翌日に回された。朝わが家に来たお父さんは、「慣れない仕事で、あちこち筋肉痛になった。若かったころは、こんなことなかったのに」と嘆いていた。

Img_5879
 わが家のミズナラは大木で、太さは隣の家のミズナラの1.5倍もある。まずは天辺の枝を飛ばす必要がある。これがなかなか大変な仕事だった。隣のご主人も手伝いをしてくれたのだが、素人には手出しができない。その仕事ぶりを見ているだけだった。

Img_5876
 大分枝下ろしをしたのだが、終わったらもう夕方になった。まあ、ここまでだね。私も片屋根に久しぶりに上ったが、屋根には小枝やドングリがびっしり積もっていた。デッキブラシで片づけをしたら、屋根がきれいになったのは、この日の副産物だった。

|

« №3787 はなはだ迷惑な来客 | トップページ | №3789 那須に本屋を作ろう »

那須【あるるのいえ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3787 はなはだ迷惑な来客 | トップページ | №3789 那須に本屋を作ろう »