« №3794 4月に読んだ本 | トップページ | №3796 歯科治療を終わる »

2018年5月10日 (木)

№3795 石神井公園の周辺散策

 あいにくの天候だったが、東京シニア自然大学NEXTの講座で「石神井公園散策~牧野記念庭園見学」があり、参加してきた。この日の参加者は21名だった。

 石神井公園は、私が女房と一緒になって初めて住んだ町だ。1971年だから、かれこれ47年前になる。たぶん3~4年間はこの町に住んでいたと思う。久し振りに駅に降り立ったが、駅舎は大きく変わっていて、私の記憶とはだいぶ違った街になっていた。

Img_5907
Img_5913 駅から石神井公園までは、歩いてものの10分ほどだ。公園そのものは以前とはそんなに変わっていなかったが、建物にはだいぶ変化があった。高層マンションが見られたし、池の周りには超豪華な家がある。

 中でもひときわ目立つ建物があったが、誰かが「あれが假屋崎省吾の家だよ」と教えてくれた。しっとりした街並みには似合わない醜悪な建物だ。

Img_5910Img_5918


 この日は、ネイチャーガイドの山ちゃんも参加してくれた。彼は植物から昆虫、蝶・鳥類まで詳しくて、ずいぶん学ぶことが多い。この日も丁寧に解説してくれたのはありがたかった。

Img_5915
 今年は、花の開花が例年に比べてずいぶん早い。イイギリやニシキウツギの花など満開だった。また、池の周りにはキショウブが咲いていたが、「これは外来種」なのだそうだ。

Img_5922
 参加者がある木の周りに集まっていた。何の木か聞いてみたら、「シロ山吹で、珍しい木だ」とのことだ。なんとなく見ていたら、参加者の国ちゃんが「シンさん、きちんと記録してね。シンさんのブログを当てにして、私は一切メモを取っていないのだから」と無責任なことを言っていた。

Img_5926
Img_5927 この公園のすぐ脇に『旧内田家住宅』が建っていた。公園整備に伴って、10年ほど前に移築されたある農家の建物だそうだ。

 世話人が事前に予約していたのか、ボランティアガイドが待っていてくれて、この建物を丁寧に説明してくれた。この建物のなんといっても見どころが、大黒柱だった。なんと1尺(30㎝)もある太い柱だ。

Img_5924
Img_5928 この農家の脇に咲いていたヤマボウシが見事だった。この住宅の隣が「石神井公園ふるさと文化館」だ。ここでも、またボランティアガイドが練馬の歴史を詳しく説明してくれた。

 それにしても立派な建物だったね。なんでも8年ほど前に建ったものらしい。外は小雨だったので、この中で昼食を摂った。

Img_5934
Img_5932 午後は三宝寺池の散策をし、牧野記念館に向かった。私の記憶にはすっぽり抜け落ちていたが、この三宝寺池は自然が豊かで、在りし日の武蔵野を思い浮かぶのに十分だった。

 池には水蓮が咲き誇り、池の周りには紫色のカキツバタが咲いていた。また、メタセコイアやラクウショウの大木も見られた。山ちゃんからは、ショウブとアヤメとカキツバタの違いが詳しく説明された。それにしても、違いは微妙で分かりずらい。

Img_5948
Img_5947 石神井公園に分かれて、歩いて【牧野記念庭園】に向かった。約30分ほどかかった。この地は、「日本の植物の父」牧野富太郎博士が30年間住んでいた土地だそうだ。

 入口には、欝蒼と茂る栴檀の木に花が咲いていた。この記念庭園では、あらためてビデオで牧野富太郎の実績を学んだ。牧野富太郎の研究は首都大学に引き継がれたようだが、その整理に約20年もかかったそうだ。

 この日も、ずいぶん勉強になった。参加者は、一様に満足していたようだ。

|

« №3794 4月に読んだ本 | トップページ | №3796 歯科治療を終わる »

東京シニア自然大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3794 4月に読んだ本 | トップページ | №3796 歯科治療を終わる »