« №3805 俳句会の合併 | トップページ | №3807 パソコン講座の宿題 »

2018年5月21日 (月)

№3806 わが家の景色が変わった

Img_6011

 先日の記事で、わが家の前の家の解体工事が始まったことをお知らせした。解体など、始まってしまえばあっという間だ。新築の時にはそれこそ半年もかかるが、解体作業は4~5日で終わってしまう。

Img_6013
 そして解体してみたら、庭の風景がまるきり変わった。道一本隔てた近所の家が、目の前に見える。どなたの家だろうか女房に聞いてみたが、全然知らないという。住む区画が違うと、ほとんど付き合いがないらしい。

Img_6016
 それにしても、庭がずいぶん明るくなった。当然のことだが、日当たりがよくなると庭の植物も元気になる。花々も生き生きとしている。けど、残念ながら新築の家が建つ、つかの間の日当たりだ。

 わが家が建ってもう40数年になる。この団地の中でも、比較的早く建った家だ。建った当時は、まるきりこの辺りは広場だった。子どもたちも小さかったので、良い遊び場になった。今回解体なった家は、わが家に遅れること10年くらいに建ったのではなかったかな。

Img_6018
Img_6020  庭の敷地は狭い。解体工事中の作業員の仕事が目の前に迫ってくる。家の中を覗かれるのが嫌なので、作業中は今のカーテンが閉めっきりだ。狭っ苦しいことこの上ないが、まあ、この作業も何日も続くまい。
 電線に止まっている小鳥を望遠で撮ってみたが、何の鳥だろうか。

|

« №3805 俳句会の合併 | トップページ | №3807 パソコン講座の宿題 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

ムクドリだと思います。少なくとも左側は。

投稿: 国安俊夫 | 2018年5月27日 (日) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3805 俳句会の合併 | トップページ | №3807 パソコン講座の宿題 »