« №3816 さて、畑はどうなっているのだろうか | トップページ | №3818 宿題ができない »

2018年6月 1日 (金)

№3817 ゴヨウツツジを見に行く

 先日、いきがいゴルフに参加していたAkiraさんが、「木曜日、天気が良かったら女房と那須にゴヨウツツジを見に行くんだ」と言っていた。そうか、そういう季節なんだね。幸い、木曜日は日が出ていたので、私もマウントジーンズに出かけてみた。

Img_6049
 マウントジーンズスキー場までは、車で約20分ほどだ。受付でゴヨウツツジの様子を聞いたら、「最盛期は過ぎていますが、まだ十分に楽しめますよ」とのことだ。ゴンドラの往復チケットを買って、頂上を目指した。ゴンドラは、10分で一気に約500mを登っていった。

Img_6059
Img_6060  私はこの頂上には何度も来ているので、様子はわかっている。早速ゴヨウツツジの群生地を目指した。ゴンドラを降りて、ものの5分も歩くと着く。この頂上には、樹齢約300年のゴヨウツツジが3万本も群生している。それこそ見事なものだ。

 ただ、うまくこの満開のツツジに出合うことは少ない。ちょっと早かったり、ちょっと遅かったりする。この日はツツジは散り気味だったが、それでもまあまあ満足できた。
Img_6057
Img_6061  ゴヨウツツジは満開を過ぎていたが、そのわきに咲くベニサラサドウダンは、それこそ満開だった。ゴヨウツツジに比してちょっと地味な花だが、よく見ると釣り鐘状の花がとってもかわいい。

 この山頂に、なぜゴヨウツツジやベニサラサドウダンが大量に自生しているのかはわからない。この頂上は標高1910mもある。冬は極めて厳しい環境にあるだろうが、よくその寒さに耐えているものだ。

Img_6083_4 Img_6073_2  この環境のもと、高山植物も見かける。看板を読むと、左はマイズルソウ、右はコヨウラクツツジだそうだ。

Img_6076
 もう一つ、この頂上の名物にミネザクラがある。咲いているか、10分ほど歩いて見に行った。残念ながら、花はもう終わっていた。この桜は、深山にしかない珍しいものだそうだ。

Img_6081
 帰り際に、タラの芽がたくさんなっていた。天ぷらにしたらおいしいだろうにと思いながら、採集はしなかった。ゴヨウツツジ見物を終え、別荘の掃除をして自宅に帰ってきた。

|

« №3816 さて、畑はどうなっているのだろうか | トップページ | №3818 宿題ができない »

那須【あるるのいえ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3816 さて、畑はどうなっているのだろうか | トップページ | №3818 宿題ができない »