« №3850 MOA美術館へ | トップページ | №3852 梅干しの紫蘇漬け »

2018年7月 5日 (木)

№3851 今月の男の料理教室は

 毎月行われている「男の料理教室」だが、今月は調理の月だ。実はわが班が担当だったが、レシピの作成や材料購入はすべて女性会員に丸投げをしている。女性が作ってくれたレシピを、会員に転送するのが私の役割だ。

 さて、今月はどういう料理を作るのだろうか。そのレシピによると、①春巻き、②牛肉とズッキーニのオイスターソース炒め、③あさりとキャベツとニンニクのスープ、④季節のフルーツの4品だ。
Img_6289
 この日の参加者は13名だった。最近の傾向なのだが、「男の料理教室」なのにもかかわらず女性会員の参加者が多い。男もそうなのだが、実に楽しそうに調理台に向かっているのが印象的だ。

Img_6288
 とはいっても、男も頑張っている。危なっかしい包丁さばきでシイタケを切っているOnちゃん。切るのはいいのだが、包丁の切っ先を人に向けないでね。

Img_6292
Img_6290  今日の目玉料理は、春巻きだ。私は初めての挑戦だったが、中身を炒めて、春巻きの皮にまくのにそれぞれの個性があって面白かったね。

 隣の班は、形よくきれいに巻けていたが、わが班はOnちゃんも私も極めておおざっぱな性格で、いびつな春巻きになっていた。料理にもよく性格が表れるところが面白い。

Img_6295
 午前9時に始める調理だが、10時半ころにはすべて出来上がってしまう。私は朝8時ころに朝食を摂り駆けつけるのだが、まだお腹がいっぱいだ。ついついこの日も作った料理を残してしまった。季節のフルートとして用意されていた佐藤錦のさくらんぼうがおいしかったね。

|

« №3850 MOA美術館へ | トップページ | №3852 梅干しの紫蘇漬け »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3850 MOA美術館へ | トップページ | №3852 梅干しの紫蘇漬け »