« №3855 7月提出の俳句を推敲 | トップページ | №3857 映画『焼肉ドラゴン』 »

2018年7月10日 (火)

№3856 檸檬の花がまた咲いた

 今年は4月の下旬に満開になった檸檬の花だったが、残念ながら実が結ぶことがなかった。花が咲くのが早かったせいか、肝心の受粉のための蜂や蝶がやってこなかった。結果として、檸檬は一個も実をつけなかった。やれやれ、来年を待つしかないかとガッカリしていた。

Img_6311
Img_6315  ところが、夏に向かって再度たくさんの花が咲いた。例年、2度花が咲くことはあるが、ただこの花から実をつけたことはない。それにしても、今回の花も4月に負けづ劣らずたくさん咲いた。

 檸檬もそうだが、柑橘類は強烈な芳香を放つ。家の中にいてもその匂いは嗅ぐことができる。匂いに敏感な女房は、敏感に嗅ぎ付けていた。

 さて、花は最多はいいけど、果たして蜂や蝶が来て受粉してくれるのだろうか。

Img_6316
 やはり、この匂いを敏感に嗅ぎ付けて蜂や蝶がやってきた。どういう種類の蜂かは知らないが、結構大型の蜂だ。ぶんぶん花の周りを飛び回っている。人間でもこんなに匂うのだから、昆虫類にとっては相当強く匂うのだろう。

 クロアゲハ蝶や黄アゲハ蝶も寄ってきている。カメラを向けるのだが、蝶の動きは素早くてなかなかレンズに捕えることはできなかった。経験上は、二度花から実をつけることはない。さて、今年はレモンの実を収穫できるだろうか、楽しみである。

|

« №3855 7月提出の俳句を推敲 | トップページ | №3857 映画『焼肉ドラゴン』 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3855 7月提出の俳句を推敲 | トップページ | №3857 映画『焼肉ドラゴン』 »