« №3879 白河高原でゴルフ合宿 | トップページ | №3881 那須で恒例の展示会 »

2018年8月 3日 (金)

№3880 ゴルフ合宿二日目

 前日は、ゴルフ場のロッジに宿泊した。ロッジ宿泊の良いところは、食べたり飲んだりをゆっくりできることだ。とはいっても、参加者は女性を除いてはシニア世代なので、若いころのように暴飲暴食ということはしない。

 夕食後、主役のキャプテンは「もう寝ようかな」と言っていた。普段は、8時頃にはもう寝るらしい。幹事が、「せっかくの宿泊なんで、せめて二次会はやりましょうよ」と、ロッジのロビーに席を作ってくれた。寝るはずのキャプテンが夜遅くまで一番はしゃいでいた。

 翌日のスタートは、午前8時50分だった。せっかくの宿泊なんで、もっと早くスタートしたらよかったのにと思った。そしたら、平日なのに混んでいて、この時間しかスタート時間が取れなかったらしい。そういえば、広いロッジも宿泊客でいっぱいだった。

Img_6462_2Img_6464  さて二日目の組み合わせは、前日の成績により男女混合組だ。この日は、キャディもついていなかった。私はキャプテンとは別組だった。

 昨日一緒に回ったキャプテンは、もう喜寿も近いのに、ほとんど真っ直ぐ飛び、飛距離もあり、フェアウェーセンターを確保していた。寄せやパットも上手で、若々しいプレーだった。

 さて前日と違い、私もゴルフ勘を取り戻した。一日目はボギーも取れなかったのだが、二日目はスタートでパー、次はボギーに3ホール目はパーと絶好調だった。まあよかったのはそこまでで、次からはダボやトリプルと散々だった。それでも若干曙光は見えた感じだ。

Img_6471  一緒に回ったNorieさんは、今回初対面だったが、パンチ力があった。何度か失敗もあったが、ドライバーが当たった時には、小気味よい音がした。何か他にスポーツをやっているのか聞いてみたら、空手をやっているのだそうだ。なるほど、やはりパンチ力があったのだ。

Img_6469  やはり今回初めて参加したOkonogiさんは、上手だったね。何より、ドライバーはビッグショットだった。フェアウェー前方に230ヤード目安の旗があるのだが、その旗を軽々と越えていた。グリーンまで残り140ヤードくらいを軽々と乗せていた。私には、あのようなビッグショットなど望むべくもない。

 競技をやったわけではなかったんだが、二日目の最高成績者はOkonogiさんだった。ただ、スタート前に自分の成績予想を申告するオネストをやったのだが、オネストを超えると1打に月100円、アンダーだと1打に月300円の罰金を払う。私は1400円だったので、まずまずだったのかな。

Img_6475
 ラウンド後、お風呂に入り反省会を行った。私は帰りに車だったので飲めなかったが、皆さん美味しそうに生ビールを飲んでいた。この飲食代は罰金で払ったのだが、不思議なことに罰金の金額とびったり一致した。

 来年も同じ日、このゴルフ場で会おうとキャプテンの総評があった。ただ、招待されるかどうかはキャプテンの胸先三寸だそうだ。成績を別にすると、久し振りに楽しいゴルフだった。

|

« №3879 白河高原でゴルフ合宿 | トップページ | №3881 那須で恒例の展示会 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3879 白河高原でゴルフ合宿 | トップページ | №3881 那須で恒例の展示会 »