« №3890 那須に舞い戻る | トップページ | №3892 電線を闊歩する猿 »

2018年8月14日 (火)

№3891 午前は耕し、午後は読む

Img_6566
 畑の草刈りは、前の仕事では中途半端のままである。ただ草取りをやるかどうかは、天気との相談だ。

 幸い、この日の朝は曇っていて、やや涼しかった。さて、畑に行こうか。先日に引き続き、草取りをした。雑草の根が蔓延っていて、すごいことになっている。一本一本引っこ抜いていては間に合わない。三本刃の鍬で根っこごと引き起こした。

 気持ちが良いほど根っこが張っている。根を起こしてはバケツに入れて捨てた。10杯も捨てただろうか。一列ほどがきれいになった。涼しいとはいってもそこまでで、着ているものは汗でびっしょり濡れた。本当は肥料を撒くところまではやりたかったのだが、まあ、今回はここまでかな。

 わずか1時間半ほどの仕事だったが、ぐったりした。自宅に帰り、着ているものを洗濯機に入れ、シャワーを浴びた。ゆるゆるやっていくとしようか。

 お昼頃に、バケツを逆さまにしたようなゲリラ豪雨が降った。見ていたが、すごいものだ。2時間くらいで雨はやんだが、おかげで涼しくなった。

Img_6568
 那須でのもう一つの楽しみは、読書だ。ウッドデッキにデッキチェアーを出して、読書だ。お盆の混雑で那須は大賑わいだ。那須街道は、朝から車で一杯だった。ただ、この繭の里まで車が入ってくることはない。本当に静かなものである。

 午後は読書タイムだ。那須には厚めの本を3冊持参した。3冊を完読するということはないが、少なくとも2冊は読みたいと思っている。すいすい読書は進んだ。結局、昨日とこの日の二日間で500頁の本を読了した。

 すぐに次の本に取り掛かった。

|

« №3890 那須に舞い戻る | トップページ | №3892 電線を闊歩する猿 »

那須【あるるのいえ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3890 那須に舞い戻る | トップページ | №3892 電線を闊歩する猿 »