« №3914 災害大国日本 | トップページ | №3916 絵画展『武甲山20景』 »

2018年9月 7日 (金)

№3915 モバイルパソコンのハードディスクが劇的に改善

Simg_6712
 以前から悩んでいたことがある。私の持っているモバイルパソコンのハードディスクの容量がいっぱいで、警告が出ているのだ。昨年の海外旅行で、ブログを書いていると警告が鳴った。

 そもそもこの東芝製Dynabookのハードディスクの容量は、100GBと小さい。どうやら、ディスク容量を小さくして、スピード重視で設計されたパソコンらしい。100GBの容量のうち91.2GBを使っていて、警告ランプが出ているのだ。

 デフラグをやってみたり、ピクチャの画像をUSBに移動してみたり、不要不急のアプリをアンインストールしてみたが、一向に改善されない。以前、パソコン講座でNaoko先生に相談してみた。「リカバリィデスクを作って、初期化してみたらどうか」といわれたが、これも大変だ。

 そうだ、いつものY電機のパソコン相談窓口に持って行ってみてもらおう。窓口で調べてもらったら、プログラムファイルで約半分の50GB、windowsファイルで約21GBと、この二つのファイルで全体の7割以上使っていることが分かった。担当者は、「よく調べてみなければわからない」というので、パソコンを預けてきた。

 夜その担当者から電話があり、一つはパソコンの初期化、もう一つはファイルの最適化の方法があるという。ファイルの最適化は、若干値段が高いようだ。最適化をやることによって、ディスク容量が約40GBほど広がるという。少々高いが、ぜひやってくれと頼んだ。

Simg_6710
 翌日、作業終了したという連絡があったので、再度電気屋に行った。みてみたら、ハードディスクの空き容量が49.1GBと劇的に改善していた。どういう作業でこうなったのか聞いてみたら、①レジストリの最適化作業、②HDDの最適化作業、③不要なソフトのアンインストールをしたといっていた。

 そもそもこのパソコンは、windows8.1が搭載されていた。それをwindows10にアップグレードしたのだが、残っているソフトは8.1のままだったという。特に邪魔をしていたのが、ウィルスバスターの8.1で、これだけで約20GBも使っていたようだ。しかも、windows10になってほとんど動いていなかったという。

 もちろん、このウィルスバスターをアンインストールして、最新バージョンをインストールしてくれたようだ。これでしばらくは問題なく動いてくれるはずだ。

Simg_6715
 もう一つ問題があった。新しいパソコンになって、古いパソコンに残っていた住所録ソフト「筆王」が使えなくなったことだ。ネットで無料ソフトを探してみたが、あるユーザーのアンサーで、「そんなに高いソフトじゃないから、買うことですね」との答えが見つかった。仕方がない、この電気屋で「筆王ソフト」も買い求めてきた。

 パソコンをやっていると金がかかるね。

|

« №3914 災害大国日本 | トップページ | №3916 絵画展『武甲山20景』 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3914 災害大国日本 | トップページ | №3916 絵画展『武甲山20景』 »