« №3931 課題の10句を提出 | トップページ | №3933 信州へクラス旅行 »

2018年9月24日 (月)

№3932 ”あっぱれ”白鵬

 大相撲秋場所が全勝と、白鵬の圧倒的な勝利で終わった。この秋場所は、いろいろと注目する話題が多く、私はいつもより熱心にテレビ観戦をした。

Photo
 第一の注目は、8場所連続休場の稀勢の里がどうなるかだった。前半戦でつまずくと、引退は避けられないだろう。そういう意味で、稀勢の里の土俵はいつもより力こぶが入った。危ない場面もたくさんあり、よたよたしながらも、なんとか二桁の勝星を取った。まあ、これでひとまず引退は避けられたのではないか。

 稀勢の里は、なんといっても日本人唯一の横綱だ。国技館も、彼が土俵に上がると湧いた。判官びいきじゃないけれども、彼に勝ってもらいたいという気持ちが、国技館中にあふれていた。それでも、ひとまずは二けた勝利を手にしたが、まだまだ先は大変だね。巡業中に稽古を重ね、もっと強くなってもらいたい。

 第二の注目は、御嶽海の大関昇進なるかだ。先場所優勝し、今場所は大関とりの場所だった。3場所通算33勝になるのには、今場所11勝が必要といわれた。どうも、相撲解説者の話を聞いていると、御嶽海は稽古は弱いらしい。それに、先場所の名古屋場所は、3横綱の球場に、1大関も休場した。

 そういう意味では、本当に強いかどうかは秋場所が試される場所だった。稽古場の力がそのまま出たのか、下の力士には勝っていたが、上には通用しなかった。御嶽海の悪いところは、ずるずる連敗を重ねることだ。秋場所も、中盤以降6連敗を喫した。大関とりにはまだまだだな、と思った。

 第三の注目は、昨年旅行した国ジョージア出身の栃ノ心が、カド番脱出なるかだった。先場所大関に昇進し、いきなり休場してカド番になってしまった。しかも、今場所も足の指を怪我し、ヨタヨタだった。相撲で大切なのは、手の小指と足の親指だそうだ。

 足の指を怪我している栃ノ心は、力が入らなかったのかしら。あの怪力無双の栃ノ心の面影は、今場所は見られなかった。ただ、第11日目の鶴竜戦は、見事その怪力ぶりを発揮した。鶴竜にもろ差しを許し、圧倒的に不利な場面、肩の上からまわしを握り、そのまま吊り出してしまった。これこそ、栃ノ心の面目躍如だった。何とか勝ち越し、カド番を脱出できたのはよかったね。

Photo_2
 今場所、白鵬にはあまり注目していなかった。今年に入り、年齢を重ねたせいか衰えが目立った。下馬評では、鶴竜か豪栄道の優勝がささやかれ、白鵬は無印だったのではなかったかな。

 それが本場所が始まってみると、白鵬の圧倒的な強さとうまさのみが目についた。つくづく観戦していると、矢張り白鵬は強いんだと実感した。以前は、白鵬の相撲の粗さが批判の対象になった。今場所を見る限り、ほとんど危ない場面はなかったのではないか。圧倒的な勝利での全勝優勝だった。

 白鵬にとって、今場所は記録づくめだった。横綱になってからの勝利が800勝、幕内入幕以来1000勝を達成し、優勝も41回を数えた。今後、こういう強い横綱が出てくるとは思えない。そういう意味では、毎日が歴史的瞬間を見ている思いだった。

|

« №3931 課題の10句を提出 | トップページ | №3933 信州へクラス旅行 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3931 課題の10句を提出 | トップページ | №3933 信州へクラス旅行 »