« №3934 信州は雨だった | トップページ | №3936 作品展の打ち合わせ »

2018年9月27日 (木)

№3935 川崎で二つの工場見学

 相変わらず東奔西走の日々が続いている。この日は、東京シニア自然大学NEXTの講座で、川崎の二つの工場見学会があった。午前中は東京電力川崎火力発電所の見学があり、午後は味の素川崎工場の見学である。

Simg_6873
 火力発電所の見学は初めてだ。私は、この発電所見学に期待した。なぜなら、先日の北海道地震で発電所が動かなくなり、北海道全体がブラックアウトしたという生々しい事件があったばかりだ。

 川崎駅からバスで20分ほどのところにあったこの発電所は、全体が撮影禁止で、ほとんど写真は撮れなかった。ただ、東京ドーム6個分あるという広大な敷地の見取り図は撮ってきた。

Simg_6875
 どこの工場見学もそうなのだが、最初に工場概要のビデオを10~15分ほど見せられる。この東電川崎工場は、6機の発電機を持ち、発電出力は342万キロワットだそうだ。先日北海道で事故が起きた厚真火力発電所と同じ規模だ。

 説明によると、東京湾沿岸にはこの規模の火力発電所が11工場あり、なかでも鹿島火力発電所は550万キロワット規模の発電をしているという。燃料はほとんどがLNGで、発電効率がよく、しかも排気ガスがほとんど出ないのだそうだ。ちなみに、発電効率は61%で世界最高水準クラスだそうだ。

 説明の後工場見学をさせてもらったが、イメージしていた火がぼうぼうと燃えているような現場はなかった。今では、原子力発電所がなくても、十分に電力需要にこたえられるようになっているそうだ。それならば、あんな危険な原子力発電などやめればいいものを、と思った。

Simg_6884
 昼食後、川崎駅に戻って京急大師線で味の素工場に向かった。二つ目の駅鈴木町駅は、まるで味の素のための駅のようなものだ。駅を出ると、目の前が味の素工場だった。この工場は、駅3個分にまたがった広大な敷地だそうだ。

Simg_6880
 工場見学はどこもそうだが、工場内は撮影禁止だ。この日は、「Cook Doコース」見学をしたが、あまり見るべきものはなかったね。ただ珍しかったのは、見学を終えた後の調理教室だ。Cook Doを使って、回鍋肉を作るのだそうだ。バンダナとエプロンは貸してくれた。

 指導員の言うとおりに作ると、美味しい回鍋肉ができた。まあ、誰にでもできるやり方だったので、あまり満足感はなかったが。こういう食品工場見学で嬉しいのは、帰りに食品のお土産が付くことだ。自宅に味の素を持ち帰ったら、女房は「今まで味の素など使ったことがない」といっていた。そういう味の素を、級長は奥さんにお土産に買って帰っていた。さて、奥さんに怒られないかと、皆で心配した。

Simg_6883

|

« №3934 信州は雨だった | トップページ | №3936 作品展の打ち合わせ »

東京シニア自然大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3934 信州は雨だった | トップページ | №3936 作品展の打ち合わせ »