« №3935 川崎で二つの工場見学 | トップページ | №3937 映画『コーヒーが冷めないうちに』 »

2018年9月28日 (金)

№3936 作品展の打ち合わせ

 今年の11月下旬に、10日間の予定で俳句の『合同作品展』が開催される。今回一緒にやる句会は、山茶花の会・山水の会・伊奈桟雲の会の三句会である。

 わが伊奈桟雲の会は毎年埼玉県民活動総合センターのロビーで作品展をやっているが、他の二句会は作品展は初めてとのことだ。われわれにはノウハウがあるので、まあ、一緒にやりましょうということになった。

 さて、作品展をどのようにやるのか、調整が必要だ。まずは総勢何人の出品になるか確認したら、全部で28名とのことだ。まあ、賑やかな作品展になりそうだ。これだけの人数なので、出品点数は各自春・夏・秋・冬の4作品に絞ることにした。

 われわれだけの会の時には、パネルに色模造紙を張ったりして工夫を凝らしたが、これが結構手間暇がかかった。今回はなるべく簡便にと、パネルに模造紙を張るのはよすことにした。

 会場には正面に壁、もう一方にはパネルが12面ある。パネル展示は問題ないが、さて壁にどうやって貼るのか。担当者に問い合わせてみたが、肝心の担当者は不在のようだ。ウ~~ム、再度担当者を交えて相談する必要がありそうだ。

 会期中は会員が会場に詰めて、来客に応待しようということになった。それも3句会で分担することにした。さらには、来場者に感想を書いてもらうためのノートも備えておこう。

 タイトル看板はTaeさんに書いてもらうつもりでいたら、準備万端、すでに用意してあった。色気がないので、ドライフラワーでもいいから花を飾っておいたらどうだろうか。

 それやこれやの打ち合わせは有効だった。あとは開催日を迎えるばかりである。

|

« №3935 川崎で二つの工場見学 | トップページ | №3937 映画『コーヒーが冷めないうちに』 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
レイアウトがどうなりますかね。

解散してから三人で四時までおしゃべりが続きました。

投稿: tae | 2018年9月28日 (金) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3935 川崎で二つの工場見学 | トップページ | №3937 映画『コーヒーが冷めないうちに』 »