« №3945 大根の間引き | トップページ | №3947 那須から撤収 »

2018年10月 8日 (月)

№3946 静かな『繭の里』

 三連休の那須は、大勢の観光客で一杯になる。特に、今は那須の紅葉を求めてくる客が多い。道路が渋滞し、車が動かない。私は、なるべく家を出ないようにしているが、それでも買い物に出ざるを得ない。

Img_6929
Img_6930  特に混むのは「那須街道」だ。この道をまっすぐ行くと、茶臼岳の麓に行く。多分、信じられないような混みようだろう。私は、ガイド役で那須の紅葉を見てきた。ネックになるには、いつも那須街道が通る広谷地の交差点だ。この交差点を通って那須インターチェンジに行くので、どうしても通らざるを得ない。

 ただ、私は渋滞の那須街道はできるだけ避けて通る。地元の人しか知らない裏道があるのだ。その道は、表街道がどんなに渋滞していても、ほとんど混むことがない。

 先日、姉たちをガイドするのに、その那須街道を使った。平日だったので、ほとんど混んでいない。この街道沿いには、いろいろな雑貨店やレストランがたくさんある。何度も那須に来ているはずの姉も、この街道の多様さに感激していた。そうか、この那須街道を走ったことはなかったのかな。

 その姉から、先日のお礼の電話があった。その話の中で、横浜はものすごい暑さだという。那須はそんなことはないよ、と返事した。改めて温度計を見たら、22度だった。

Img_6931
それに比して、ここ『繭の里』はきわめて静かだ。時々迷い車が入ってくるとはいうものの、行き止まりなのですごすご引き返していく。夏のように、子どもたちの叫び声も聞こえてこない。時々電線の上を駆け回っているのが、野生の猿だ。

Img_6932
 心安らかに、ウッドデッキにチェアーを出し、読書三昧にふける。何より至福の時だ。

|

« №3945 大根の間引き | トップページ | №3947 那須から撤収 »

那須【あるるのいえ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3945 大根の間引き | トップページ | №3947 那須から撤収 »