« №3955 森保Japan、快進撃 | トップページ | №3957 素敵な読書空間 »

2018年10月18日 (木)

№3956 代官山で年一回の食事会

 毎年10月の定例会になっているが、静岡に住む陶芸家であるわが友Akiちゃんの展示会が代官山の『無垢里』で行われている。このことは毎年記事にしている。2015年は10月9日の№2845で、2016年は10月20日の№3222で、そして2017年はやはり10月20日の№3590の記事になっている(太い赤線をクリックすると当該記事に行きます)。

Simg_7009
 ブログの便利なところは、過去の出来事があっという間に検索できることだ。毎年当該記事として書いているが、代官山の展示会に行く目的は、Akiちゃんの作品撤収のお手伝いのためである。展示会場は細い路地奥にある。撤収した作品を車に積み込むには、この路地を巧みに会場までつける運転技術だ。それを見込まれ、もう十数年もお手伝いに出かけている。

 何よりの楽しみが、撤収後の宴会だ。毎年仲間10人前後が集まり、近くの飲み屋で宴会をやっている。面白いことに、その宴会の会場は毎年違っている。というのも、代官山の飲食店の消長が激しいからだ。昨年の会場がよかったから予約に行くと、もうその会場は消滅していた。今年は初めてのことだが、展示会場の近くの中華料理屋さんで行うことになった。

Simg_7011
 宴会の案内をしたところが、今年は異例に参加者が多かった。14人が参加の申し込みをしてくれた。ほとんどが退職者だが、なかにはまだ現役という人もいた。大半の人には、一年一度、この会でしか会わない。それだけにこの代官山の食事会は、貴重な宴会となっている。

 清里に永住しているYoshiyukiさんは、毎年この会を楽しみに参加してくれている。彼の報告によると、いま、清里で羊と共生しているのだそうだ。羊を飼うのはいいのだが、刈った羊の毛が邪魔だ話していた。それを聞きつけた女房は、「ぜひその羊の毛を譲ってほしい」とお願いしていた。なんでも、織物に使いたいのだそうだ。

Simg_7010
 那須の仲間Ogiさんが、本を出版したことも話題になった。彼女はフクロウの置物のコレクションをしている。2000点余りあるコレクションの中から、今回は900点余りを本で紹介した。11月には出版記念会をやるという。私もその記念会に出席を依頼されたが、残念ながら日本にいない。

 今朝8時に日本に帰ってきたばかりのYukaちゃんも、この食事会に参加してくれた。彼女は3ヶ月余りスペインに滞在して、今朝日本に帰ってきたと話していた。スペインには息子と二人で行き、アパートを借りて生活したそうだ。目的は、息子のサッカー武者修行とのことだったが、学校を休ませてまで行くその意気や盛んである。

 この宴会は6時半ころから始まったのだが、唯一現役のAmiちゃんが駆け付けたのは8時過ぎだ。ものすごく忙しいのだそうだ。ウ~~ム、かわいそうに。そういえば、Yukaもスペインに行くについて、長年勤めていた会社を辞めたのだそうだ。
 代官山の高価な中華料理店にもかかわらず、皆さん、その値段も知らずに結構バンバン酒を飲んでいた。後で確認したら、4合瓶の焼酎が8000円と知り、顔を青くした。まあ、それでも年一回の宴会だからしようがないか。

Simg_7014  皆、機嫌をよく帰っていった。もちろん酒は飲んでいないAkiちゃんだが、はたして無事静岡に帰り着いたのだろうか。

|

« №3955 森保Japan、快進撃 | トップページ | №3957 素敵な読書空間 »

会合」カテゴリの記事

コメント

先日はどうもありがとうございました❢
おかげさまでスムーズに搬出も終わりました。
あの狭い道のバック、
来年もよろしくお願いします〜〜〜

その後の打ち上げ、沢山集まっていただき
本当に楽しいひとときでした。
この大切なご縁に感謝いたします。

来年は、お酒のリーズナブルなところをさがしたほうがよいでしょうか?

来年の日程、すでに決まっていますが、
また来夏あたりにご連絡いたします!

投稿: Aki | 2018年10月20日 (土) 16時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3955 森保Japan、快進撃 | トップページ | №3957 素敵な読書空間 »