« №3985 チチェン・イツァ遺跡見学 | トップページ | №3987 最後の夜はマリアッチ »

2018年11月15日 (木)

№3986 カンクンの街をぶらり歩く

 カンクンは、メキシコ最大のリゾート地だ。客は国内だけではなく、海外からも押し寄せる。目的は、カリブ海に面する海の白砂青松である。私も、この街で存分にリゾート気分を味わうことにした。

 ホテルのフロントで、ラグーン(岩礁)にどうやって行くか聞いた。そしたら、「タクシーで250ぺソ(約1600円)くらいかかるのでもったいないですよ。すぐ近くの角から頻繁にバスが出ています。R1番線かR2番線のバスなら行きます」というので、バスに乗ることにした。

 本当にバスは頻繁に来た。しかも1回の乗車が、どこまで行っても12ペソ(約80円)だった。これはいいね。どこまで行くのか、試しに乗ってみた。折り返し地点に来て、運転手が降りないのかという顔をしていた。慌てて降りた。このラグーンは、全長22㎞あった。とてもじゃないが、歩ける距離ではない。

Img_7442
 しばらく歩いていたのだが、暑くてまたバスに乗った。便利なことに、このラグーンでは手を上げるとどこでも止まってくれる。道沿いは、巨大なリゾートホテルが建ち並んでいた。ガイドブックによるとホテルは230棟ほどあるとあったが、まだどんどん建ち続けているようだ。

Img_7444_2
Img_7443  ある砂浜でバスを降りた。カリブ海の海の色は、アクアブルーそのものだった。砂浜に降りてみたら、砂粒は白くて細かい。多分、サンゴの砂ではないかな。

 海で泳いでいた人もいたが、ウィンドサーフィンや落下傘のようなもので空に浮かぶ遊びをしている人もいた。11月でこれだけ暑いのだから、一年中遊べるのじゃなかしらね。

 スピードボートでジャングル探検という冒険ツアーもあるようだ。2時間で90ドルだと言っていた。旅も終わりに近づき、財布も心許なくなりつつある。ここは諦めよう。

Img_7445
 海に面したレストランで、お昼はホッとドックとビールで済ませた。目の前では、水遊びをする子供がいた。延々と続く砂浜は、リゾートホテルのプライベートビーチなのかしらね。ハワイでもそうだったが、ホテルは海が目の前でもプールがある。

Img_7446
 昼食を済ませ、さてカンクンの街に出てみよう。また例のR1のバスに乗った。中心街に出てみたが、雑然としてみるべきところがなかった。さらに、R1のバスに乗り、ラグーンに帰ってきた。おや、アウトレットという看板がある。お土産を買おう。

 さて、ホテルに帰るとするか。またバスに乗った。さあ、どこで降りるんだろうか。よく注意して外を見ていたが、わからなかった。あるところで、エイヤッと降りてみた。タクシーの運転手にホテルはどこか聞いてみたら、なんと目の前だった。

|

« №3985 チチェン・イツァ遺跡見学 | トップページ | №3987 最後の夜はマリアッチ »

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3985 チチェン・イツァ遺跡見学 | トップページ | №3987 最後の夜はマリアッチ »