« №4004 展示会の打ち合わせ | トップページ | №4006 12月は美味しいもの何を食べようか »

2018年12月 4日 (火)

№4005 喉に引っかかっていた小骨が取れる

Img_7569
 わが高校同期Takeちゃんの要請で、東京駅で飲み会をやった。当初、参加者は3人と言っていたが、会場に行ってみたら一人増えて4人になった。お酒を飲みながら、課題の解決方法を探った。

 4年ほど前まで、私は高校同窓会ゴルフコンペの事務局をやっていた。6年間にわたっての事務局だ。役割を十分に果たし終えて、次の担当者に円満に引き継いだつもりでいた。その担当者から、「私はあなたに嵌められたので、事務局を返上したい」と事務用具一式を私に送ってきた。送られてきても困ると、事後策を相談するための飲み会だった。

 同期のTakeちゃんが、このゴルフコンペの会長をやっている。早速、彼に解決方を依頼した。この日の飲み会にやってきたのは、Takeちゃんのほかに同窓会の新会長とその友達だった。その友達とは初対面だったが、前回私が欠席したコンペで彼は優勝したのだそうだ。

 この間のいきさつを丁寧に説明した。前事務局長とのメールのやり取りも、コピーして持って行って読んでいただいた。そのコピーを読んで、参加者一同納得したようだ。そういういきさつならと、新会長とその友達で相談して、事務局を引く受け得るべく善処したいとのことだった。

 その友達というのは、同窓会の卓球部OB会に所属しているのだそうだ。新会長もそのメンバーとのことだ。「困ったときは相見互い」と、お互い男気を見せてくれた。事務用品も二人で引き取っていった。

 9月から私の喉仏に引っかかっていた小骨が取れた思いで、ヤレヤレ、安心した。

|

« №4004 展示会の打ち合わせ | トップページ | №4006 12月は美味しいもの何を食べようか »

飲み会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4004 展示会の打ち合わせ | トップページ | №4006 12月は美味しいもの何を食べようか »