« №4036 年賀状 | トップページ | №4038 東海大学、悲願の優勝 »

2019年1月 4日 (金)

№4037 快進撃続く母校サッカー

 毎年大晦日恒例になっていた母校のサッカー応援だったが、今回は伊勢旅行のために行けなかった。大晦日のその内実は、敗戦残念会兼大忘年会だった。母校は、高校サッカー選手権大会には毎年出場を果たしているのだが、私の知る限り、初戦敗退を繰り返している。

 サッカーの伝統校で、過去には全国大会二度、総体で一度の優勝を果たした高校だ。ただ、近年は出ると負けで、14年連続初戦を突破できていない。秋田市長が、「一度でも勝ったら、グランドを天然芝に変えてやろう」と約束したらしいが、果たせなかった。

 今年も31日の初戦は、四日市工業高校で強豪だ。また、残念会兼忘年会になるだろうと高をくくっていた。ところが、初戦突破をした。そのニュースは、皮肉なことに三重県で見ていた。いずれ、私が応援して勝ったことがなかったので、行かないでよかったと思った。

Simg_7807
 ところが2日に行われた第二戦目も、強豪の富山第一高校を破った。旅疲れで私は応援に行かなかったが、もしかしたら私が応援に行かない方がいいのかもしれない。とはいうものの、気になって第三戦の応援に出かけた。会場は、千葉県蘇我駅の近くのフクダ電子アリーナだった。口の悪い奴がいて、「お前が応援に来ると負ける」との声も聞こえた。

Simg_7808
Simg_7809  着いた時には、前の試合が行われていた。流通経済大学柏対星稜戦だ。いずれの高校も優勝候補で、特に地元流通経済大学柏の応援団がすごかった。サッカー場は満員だった。結果は、金沢の星稜高校が0対1で惜敗した。

 試合終了後、私が流通大柏の応援席で目撃したのは、椅子一個一個をタオルできれいに拭いて歩く女性だ。流通大柏のマナーの良さは、こういうところに現れているのかな。

Simg_7810
 さて、いよいよわが母校の登場だ。対戦相手は、佐賀県の龍谷大付属だ。奇しくも、この高校とは2年前甲子園で対決し、わが方が勝っている。応援席には、恒例のなまはげも駆け付けていた。天気も良いし、風もないぽかぽかの陽気で、絶好の応援日和だった。

Simg_7812
 秋田から大応援団が来ていた。女子高生が多かった。聞いてみると、31日に応援に来て、そのまま帰らずに居ついているのだそうだ。合言葉は、「夏の金農旋風に続け」だ。相手が九州ということもあり、わが校の大応援団が目立った。

 龍谷大戦は、大応援にもかかわらず前半17分に先取点を奪われた。ただ、試合は一進一退で推移していった。ただ、時間はない。試合終了直前、コーナーキックをヘッディングで合わせ、ようやく同点に持ち込んだ。さて、PK戦だ。

 相手は、PK戦用にと急遽ゴールキーパーを替えてきた。これが裏目に出たようで、PK戦は圧倒的にわが方が勝った。堂々の勝利で、ベスト8に勝ち残った。ベスト8に残っている高校では、母校は唯一の公立高校だという。私が応援に来ても勝てたのには、ホッとした。次は優勝候補の流通大柏だ。また応援に行こう。

Simg_7825
Simg_7824  駅前の呑み屋で、盛大に祝勝会が行われた。さすが秋田人の集まりは、勝っては飲み、負けては飲みだ。飲み放題の店とかで、テーブルにはアルコールが並んだ。会場には、なまはげ応援団の姿もあった。結構他校の秋田県人会の応援も多いのだ。

 秋田県人会の中に、田舎の後輩もいたのには驚いた。彼とは、田舎話で盛り上がった。

 さて、この勢いで準々決勝も応援に行こう。

|

« №4036 年賀状 | トップページ | №4038 東海大学、悲願の優勝 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

母校ベスト8、おめでとうございます❗千葉迄、応援に出かけた甲斐がありましたね。明日の準々決勝を勝ち抜かれ、地元の埼玉スタジアムでの応援に出かけましょう。
秋田商業と言えば、日立製作所でプレイされた平沢周策選手が印象に残っています。Shinさんの後輩になるのでしょうか?

投稿: アスペル山ちゃん | 2019年1月 4日 (金) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4036 年賀状 | トップページ | №4038 東海大学、悲願の優勝 »