« №4042 年初めの男の料理教室は | トップページ | №4044 「新年句会」の下見 »

2019年1月10日 (木)

№4043 滝山城跡の見学

Simg_7855
 今年最初の東京シニア自然大学NEXTの講座があった。この日は「日本100名城」の一つ、旧滝山城の見学だ。場所は、八王子駅からバスに乗って15分ほどのところの八王子郊外だ。さて、どういうところだろうか。

Simg_7861
 着いたバス停のすぐ近くに、この日のボランティアガイドが待っていた。われわれ参加者が21名だったが、ボランティアガイドとしてやってきたのは8人だった。説明を聞くと、本当のガイドは2人で、あとはガイドの勉強のために参加した人たちだ。

 私も初めて知ったのだが、滝山城という城は1560年ころに北条氏照の居城だったらしい。この地は関東の北条側と信濃の武田信玄のせめぎあいの場所だったという。目の前には、古甲州街道が走る要衝の地だった。ただ、ある戦いで武田信玄に敗れた北条氏照が八王子に撤退し、その後は城として使われなかったようだ。手入れが行き届かないまま、竹がびっしり生えていた。往時は、裸城だったらしい。

Simg_7862
 古城を見て驚いたのだが、壮大な山城だ。われわれが『城』というと思い浮かぶのは、石垣を積み上げた城壁だ。ただ、この城は中世の山城で、地形を利用して土を盛り上げた城だった。鉄砲の使用はまだだったようで、主な飛び道具は弓矢である。

Simg_7867
 ガイドの説明によると、弓矢を有効に利用して敵を退ける様々な工夫が、この城にはあった。土塁、土橋、虎口、馬出、堀などである。山城にしては、堀は深く掘られていた。堀の中には、高さが90mもある深いものがあり、土は関東ローム層で滑りやすくなっていた。さらに、堀の底にも敵を退ける工夫が様々あったという。

Simg_7868
 家来の敷地も広大で、一区画1000坪もあったろうか。さらに三の丸、二の丸、千畳敷、中の丸、本丸などの敷地もそのまま残っていた。北条軍が撤退した時に建物は破却したが、敷地は手つかずだったようだ。撤退後にこの城は使われなかったというから、450年くらいそのままだったようだ。

Simg_7872
 本丸からは、眼下に多摩川の流れが見て取れた。その当時はまだ江戸は開かれていなかったから、小田原とこの滝山城を結ぶ重要な水運だったようだ。この地からは、秩父山系もかすかに見えた。

Simg_7873
 本丸には、深い井戸も残されていた。だいぶ埋まってしまったようだが、それでも優に30mの深さはあったろうか。城にとって、水は命の綱だ。この城のあちこちに水が湧いていたのも、この大きな城を維持するのには必至条件だ。

Simg_7876
 われわれのために、ボランティアの一人が弓を射るパーフォーマンスをしてくれた。やはりこういう古城見学には、ガイドが必要と痛感した。それにしても、よくこういう条件の敷地が見つかったものだ、と感心してしまった。良い講座だった。

|

« №4042 年初めの男の料理教室は | トップページ | №4044 「新年句会」の下見 »

東京シニア自然大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4042 年初めの男の料理教室は | トップページ | №4044 「新年句会」の下見 »