« №4045 2018年のブログアクセス解析 | トップページ | №4047 2018年はどのくらい本を読んだのか »

2019年1月13日 (日)

№4046 昨年書いた記事ベスト10

 これも年に2~3回やっている試みだが、一体私は毎日何の記事を書いているのだろうか、2018年を解析してみたい。2018年1月1日№3666号で開始した記事は、12月31日で№4032号になった。毎日書いているから、一年間で366本の記事を書いたことになる。

 ブログにある【カテゴリー】欄で、一体何を書いてきたのか調べてみた。これは、一年間自分がどういう生活を送ってきたのかを見る有効な手法である。カテゴリー欄は34あるが、上位10カテゴリーを見てみたい。

①那須【あるるのいえ】 61本

 この記事数は、延べて61日間那須に行ったことを表している。このブログの『繭の里通信』は、那須の別荘地の地名からとった。そもそもブログをはじめようと思ったのは、那須での生活を書きたかったからである。

 今年で12年目になる那須での生活だが、当初は年間100日も那須に通っていたが、徐々に少なくなっているね。昨年で借りていた畑を返却したので、今年はもっと少なくなるかもしれない。ただ、今年のゴールデンウィークの10日間は、那須で過ごすつもりでいる。そういう意味では、那須は私にとって重要な隠れ家でもある。

②海外旅行 34本

 海外旅行の記事は、準備段階から現地報告までいろいろ書いた。この旅行期間中のブログアクセス数が跳ね上がるので、この旅行は当分やめられないね。今でも、キューバやメキシコの様子を夢にまで見る。本当に楽しかった。

 さらに、何より忘れられないのが、キューバでNaoko先生のブログにコメントを付けたら、即座に返事をいただいたことだ。さらに、彼女のブログで私のブログ紹介をしたら、その日のアクセス数がピ~ンと跳ね上がった。Naoko先生その記事を記念にリンクしておく。

③東京シニア自然大学 32本

 東京シニア自然大学のオープン講座も、いまやブログの主要記事だ。私は、サラリーマン時代は業界人との付き合いしかなかった。この学校に通って、様々な人と知り合えたのは大きい。変な人もいて、級長のような名物人とも会えた。ちなみに、「級長」というあだ名をつけたのは私だ。

 今年も、すでに4月からのラインナップが発表されている。全部で23講座が予定されているが、魅惑的な講座が多い。さらに、4月には本科からNEXTに加入する新メンバーも増える。昨年、この学校の入学を勧めたKiyokoさんも、入学してよかったと大変喜んでいた。彼女も、新たなNEXTメンバーとして一緒に活動できそうだね。

④俳句 27本

 以前にも書いたが、俳句同好のメンバーのブログアクセスが増えている。会う毎に私のブログ記事が話題になるのは、ありがたいことだ。同好の仲間のアクセスが増えるのはいいのだが、私の俳句の腕は一向に上がらないのは情けない限りだ。加齢により、感性が鈍っていると感じている。とはいっても、いろいろな役柄を担っているので、ここでやめるわけにはいかない。

⑤スポーツ 26本

 このほとんどが、スポーツのテレビ観戦である。その内容を見ると多岐にわたるが、金足農業の吉田輝星の活躍はひときわ光った年だった。スポーツに若い人が目立ってきたね。大谷翔平、池江璃花子、紀平梨花なども話題になった。さて、来年は東京オリンピックだ。どういう新星があらわれるのか、今から楽しみである。

⑥パソコン・インターネット 21本

 昨年の6月中旬に新しいパソコンを買った。パソコンというのは厄介なもので、数年に一度買い替える必要がある。私はWindows95からパソコンを使っているが、もう20年で8台も買い替えている。最初のパソコンは35万円くらいしたのだが、今ではその半分くらいで100倍以上も性能の良いパソコンが手に入る。パソコンは文房具、と割り切っている。さて、当面今のパソコンで十分なのだが、今後何台買い替える必要があるのだろうか。

⑦読書日誌 18本

 私の現在の生活は、「読書」とともにある。眼が潰れるくらい本を読みたい、というのが理想であるが、そこまではいかない。このことは、また明日話題にしたい。

⑧日記・コラム・つぶやき 18本

 どのカテゴリーにも属さない記事を、このカテゴリーに収めている。改めてみてみると、弟の墓参りの記事がここに収められている。弟が亡くなったのは、このブログを始めた年の12月だった。ブログの年数と、弟の亡くなった年数が重なるので、覚えやすい。

⑨映画・テレビ 17本

 映画は、何よりもとっても安い娯楽だ。私は月に2~3度上京するが、帰りにはほぼ映画を観て帰る。昨年印象に残ったのは、樹木希林の作品だ。特に『万引家族』がよかった。彼女も残念ながら9月に亡くなったが、彼女の生きざまに潔さを感じた。

⑩国内旅行 15本

 国内旅行も随分した。何よりも記憶に残っているのが、2度目の小笠原旅行だ。小笠原は5泊6日でなければ行けない。時間にゆとりがあるからこその旅行だった。さらに、Kiyomiさんやその仲間、お母さんと健保保養所に行ったのも思い出に残る。

 ここまで上位10カテゴリーを見てきたが、例年と大きく変わったカテゴリーがある。「ゴルフ」である。いつもは上位に来ていたが、昨年の記事は12本だった。ということは、12回しかラウンドしなかったのだ。女房の半分くらいまで減った。今年は、少なくとも20回くらいはラウンドしたいと思っている。

|

« №4045 2018年のブログアクセス解析 | トップページ | №4047 2018年はどのくらい本を読んだのか »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4045 2018年のブログアクセス解析 | トップページ | №4047 2018年はどのくらい本を読んだのか »