« №4082 自宅の小改修 | トップページ | №4084 講座「windows10応用講座」二日目 »

2019年2月19日 (火)

№4083 大腸ポリープを切除

 

以前の記事で、大腸ポリープを切除することにしたと報告をした。その場で切除日の予約をしておいた。私は、以前にも二度ほど大腸ポリープの検査をしている。そして、2つのポリープがあることを確認している。そして昨年の健康診断で、便潜血があるのでポリープの切除勧告があった。

 私は、医者のアドヴァイスを忠実に聞くことにしている。健康診断の問診で、医者は切除をした方がいいと言っていた。そして、近所のかかりつけ医も「私は消化器医で専門なので、私がとってあげましょう」と言ってくれた。そして、その予約日になった。

Img_8046
 事前に大量の食事レシピが渡された。前日の朝食と昼食はお粥、夜はスープのみだ。これだけの食事だったのでお腹が減り、テレビに料理番組が出たときにはお腹が鳴った。そして、すぐにチャンネルを変えた。

 翌日の午後2時の予約だったので、朝から2ℓの下剤液を飲むことになった。その水も一気というわけではなく、2時間かけてゆっくり飲むようにとの注意書きだ。1ℓほど飲み終わったら、トイレに駆け込んだ。2ℓが飲み終わるころには、尻からは便ではなく水だけが出た。これで腸は奇麗になったかな。

 ちょうど午後2時に処置が始まった。お尻からカメラを入れるのだが、最初こそ痛かったが、入ったらなんてことがない。腸検査をしていた主治医が、「入口のすぐのところにポリープがありますね」と言っていた。私もモニターを一緒に覗き込んでいたが、確かに大きなポリープがあった。

 以前の検査では、ポリープが二つあった。ただ、腸には水や便がまだたくさん残っていた。それらを吸いだしてはもう一つのポリープを探していたようだが、もう一つのポリープは見つからなかった。「腸の蠕動が激しくて、見つかりませんね」とのことだ。とりあえず、見つかった一つのポリープだけ切除した。約8ミリほどの大きなポリープだった。

 「注意しておきますが、ポリープを切除したら一週間はアルコール禁止です」と医者に宣言されてしまった。まあ、仕方がないね。腸にガスが残ったせいか、しばらくはお腹が痛かった。しかし、ガスは1時間ほどで抜けた。

 切除したポリープが良性か悪性かは、10日後にわかるとのことだ。「たとえ悪性だとしても、切除したからもう大丈夫でしょう」と、医者は太鼓判を押してくれた。

|

« №4082 自宅の小改修 | トップページ | №4084 講座「windows10応用講座」二日目 »

健康」カテゴリの記事

コメント

無事のポリープ除去、おめでとうございます。shinさんはいろんな国でわけのわからないものをいっぱい食べているので、ポリープが出来やすくなっているのでは?
検査だけなら、大腸CT(CTC)検査という身体に負担の少ない方法もありますよ。でも年に一度は内視鏡検査をやった方が良いでしょうね。
旅行も良いけど、今年はご夫婦揃って健康第一でお過ごし下さい。ではお大事に!!

投稿: ルート36 | 2019年2月20日 (水) 10時28分

ルート36さん
ご心配かけてすみません。
歳をとるとともに、
あちこちにガタが来ますね。
体と相談しながらゆっくり
生きていきたいですね。
決して長生きしたいとは思いませんが

投稿: シンさん | 2019年2月20日 (水) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4082 自宅の小改修 | トップページ | №4084 講座「windows10応用講座」二日目 »