« №4085 句会の定例会 | トップページ | №4087 意外と暖かい那須 »

2019年2月22日 (金)

№4086 車にゴミを積み込んで

 前にも話したが、女房の妹がサポートにわが家に来ている。絶対安静の女房の替りに、おさんどんなどの手伝いをしてくれている。女房のお散歩の付き合いもしてくれている。彼女の動きは素晴らしい。トイレやお風呂がピカピカだ。風呂の蛇口が光っているのを見て驚いた。

Img_8053
 40年以上も手つかずだった場所の掃除も一挙にやってくれた。一つは階段下の物置だったし、さらには居間の収納用の上の棚だ。特に収納棚の上は、いらないものをどんどん詰め込んでいてゴミ溜め状態だった。

 いらない段ボール箱、壊れた扇風機や電気器具、子どもの雛飾りや武者人形、子どもたちのお絵かき帳、娘の結納用の品書き、アルバムや卒業証書などありとあらゆるものが出てきた。ここは一度も掃除をしないまま40年以上たっていいる。

Img_8054_3
 とりあえず全部引っ張り出した。居間がゴミの山になった。さらに階段下のゴミもある。さて、このゴミをどうするのか。そうだ、妹がいる間に那須に行ってこよう。繭の里には、大きなゴミステーションがある。

Img_8055
 飲料水も少なくなった。ペットボトル7箱にゴミの山を車に積み込んだ。玄関に山のように積まれたごみを、全部車に収めた。意外と車には荷物が積めるものだ。荷台と後部座席に積んだゴミで、バックミラーで後ろは見えなかった。それでも運転に支障はない。

 1か月ぶりの那須である。ステーションにゴミを捨てる分には何の支障もない。おかげで、車の中はすっきりした。

|

« №4085 句会の定例会 | トップページ | №4087 意外と暖かい那須 »

那須【あるるのいえ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4085 句会の定例会 | トップページ | №4087 意外と暖かい那須 »