« №4096 東京マラソン | トップページ | №4098 最後の昼餐? »

2019年3月 5日 (火)

№4097 映画『グリーンブック』

 朝、女房が「映画を観に行かないか」と声をかけてきた。極めて珍しいことで、いつもは女房は女房、私は私で映画に行っていた。実は、この日はゴルフの予定があったのだが、あいにくの雨で急遽中止になった。

Img_8109
 私は、それなら映画を観に行く心づもりをしていた。私が観たかったのは、埼玉映画『翔んで埼玉』という映画だ。どこの映画館もいっぱいで、次の上映待ちという人気の映画だ。その話をすると、女房が観たいのは『グリーンブック』だという。私は、その映画に付き合うことにした。

Img_8111
Img_8108  朝10時半からの上映予定というので、早めに映画館に行ったが、券売機の前はいっぱいだった。平日の朝なのに何だろうと不思議に思ったら、件の『翔んで埼玉』を観る客のようだ。えらい人気だ。

 今回は『グリーンブック』を観るが、近いうちにこの映画も観に来よう。

 それにしても『グリーンブック』は望外に素晴らしい映画だった。この映画は、実話に基づいて作られたという。舞台は、1962年のアメリカだ。南部でコンサートを行おうという黒人ピアニスト、ドクター・シャーリーに運転手として雇われたイタリア系白人トニー・リップの奇妙でしかも美しい行脚旅行の話だ。

 トニー・リップは、「コパカパーナ」というキャバレーの用心棒を務めていたが、キャバレーが休業で失業していた。そこに、ピアニストの演奏旅行の運転手をしないか、との話が舞い込んできた。トニーは、その当時の実情通り、黒人差別主義者だった。黒人のお抱え運転手はまっぴらごめんと、条件を上げて、その通りならやってやろうといった。ドクター・シャーリーはその条件を飲んで、珍道中旅行が始まった。

Photo_2
 それにしても、当時のアメリカ南部の人種差別はすさまじいものだった。ケネディが大統領の時代だから、そんな古い話ではない。黒人専用のホテルを紹介する本が、「グリーンブック」だった。その小冊子がなければ、黒人が泊まるホテルは探せない。

 演奏旅行で招待されているのに、招待者が用意しているのは物置部屋だった。当然、ホテルのレストランは、黒人は入れない。クリスマスパーテーに演奏を依頼されたのに、部屋もレストランも拒否された。400人の観客が彼の演奏を待っているのだが、あまりの仕打ちにキャンセルしてしまった。

 1か月の演奏旅行(実際は1年だったらしい)を終えニューヨークの自宅に帰ったが、トニーの家では近所の人が集まってクリスマス大パーテーをしていた。一方で、ドクター・シャーリーの豪華な部屋には、待っている人は誰もいなかった。その後のどんでん返しは、ほのぼのさせるものだった。

|

« №4096 東京マラソン | トップページ | №4098 最後の昼餐? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

昨晩、老夫婦でレイトショーの「翔んで埼玉」を観てきました。レイトショーは空いてるのが当たり前でしたが、8割程度は入場してましたので流石ご当地と感心しました。
妻は生まれも育ちも埼玉の為か泣き出し、私は笑いが止まりません。以前観た「ボヘミアンラプソディ」では二人とも感動しましたが涙は皆無。
自虐的なスタートから最近の日韓関係かと思いましたか、未来志向での結末に安心しました。是非ともご鑑賞下さい❗

投稿: アスペル山ちゃん | 2019年3月 6日 (水) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4096 東京マラソン | トップページ | №4098 最後の昼餐? »