« №4098 最後の昼餐? | トップページ | №4100 2月に読んだ本 »

2019年3月 7日 (木)

№4099 今年の冬の暖房は

Img_8121
 今年の冬は、わが家はものすごく寒かった。というのも、昨年の暮に10畳用のエアコンを新設し、「冬はエアコンだけで我慢し、石油ストーブは灯油が高いので、使うのをよそう」と女房が宣言したからだ。

 新しいエアコンは省エネになっていて、あまり電気を食わないらしい。とはいっても、一日中エアコンをつけていると、それなりの電気代になる。ある朝は、私が起きてみたらエアコンがつけっぱなしになっていた。消し忘れたらしい。

 エアコンから暖気は出るとはいうものの、やはりこれだけではこの冬は寒かった。寒さを我慢して、体には毛布を巻いていた。12月から2月までは、それだけで我慢していたが、矢張り寒さには耐え切れない。

Img_8123
 自分の部屋には石油ストーブがあるので、その部屋だけにはストーブをつけていた。居間にも石油ストーブが欲しいと、倉庫の中から出してきた。石油ストーブはたくさんあるのだ。エアコンも暖かいが、矢張り石油ストーブが段違いに暖かい。

 灯油が高いと拒否していた女房も、寒さには耐えられない。今ではテレビの前にストーブを置き、その前に座ってテレビを見ている。このストーブで部屋が暖まり、幸せな気分になった。

 まあ、年を取ったらあまり我慢をしないことだね。

|

« №4098 最後の昼餐? | トップページ | №4100 2月に読んだ本 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4098 最後の昼餐? | トップページ | №4100 2月に読んだ本 »