« №4102 Twitterで気楽に情報発信 | トップページ | №4104 クシャミが止まらない »

2019年3月11日 (月)

№4103 東日本大震災から8年

 2011年3月11日の午後2時46分、三陸沖中心で発生したマグニチュード9の大地震。あれから今日で8年になる。1000年に一度起きるかどうかという大地震だった。地震の揺れもひどかったが、その後の津波で甚大な悲劇が出た。

 いつもこの日のことを思い出すのだが、あの瞬間は忘れられない。私は、那須で畑を耕していた。珍しく、向かいのOhnoのお父さんが畑に顔を出し、畑談義をしていた。お父さんが帰って間もなく、眩暈のようなものがして、頭がクラクラとなった。

 あれ、体の不調かなと思った瞬間、畑の地面が大きく波打った。周りの大木もゆさゆさ揺れて、地震が起きたことが分かった。まともに立っていられなくて、鍬の柄を支柱にしてつかまっていた。結構長い揺れだった。

 それも一段落して、再度畑を耕し始めていたら、近所のShiratakiのお父さんがやってきて、「大地震が起きた。畑を耕している場合じゃないよ。家に帰って、被害の確認をしたらどうか」という。そんな大地震かと思い、『あるるのいえ』に帰ってみた。

 幸い、自宅は茶碗が2~3個落ちた程度で、ほとんど被害はなかった。Ohnoさんの家に行ってみたら、棚からお酒が零れ落ちていて、家中酒の匂いがしていた。まあ、その程度の被害だったのだが、聞くところによると那須の岩盤は堅く、今までも地震の被害はなかったとのことだった。

 テレビをつけてみたら、丁度釜石や石巻等で津波が襲ってくるのを実況中継していた。車や家が流されていくのを、目の当たりに見た。こんなにショッキングな印象深い映像は初めてのことだった。強烈な印象とともに、流された家の人は無事避難できたのか、不安が襲った。その日は、一日中テレビにくぎ付けだった。結局、22000人以上の死者・行方不明者が出た。

 津波や地震での被害はこれはこれで甚大だっのだが、この8年、福島原発の爆破炎上の事故被害は、われわれの想像を超えるものであった。私なども、それまでは原発は必要悪と考えていた。それが、まだ発展途上の技術で、原発を人類が完全にコントロールできていないことを露呈した。

 「安い」はずの原発が、この間何兆円もの被害を生むことになった。潔く原発を放棄したらいいようなものだが、政府は離したがらない。原発事故後、原子力発電所は次々と休業に追い込まれたが、決定的な電力不足は生じていない。原発がなくても、電力需要は賄えているのだ。

Img_80031 Img_79961  私は、ボランティアで被災地を3度ほど訪れている。何かが出来たというわけではないが、自分の眼で被災地を体験したのは大きかった。特に印象に残ったのが、石巻の大川小学校の被災現場だ。生徒・先生を含め98名が、津波の被害で死亡した。

 現場を見て強く思ったのが、なぜ裏山に逃げなかったかということだ。小学校の脇は北上川の下流にあり、その河を伝わって津波が押し寄せたのだ。津波が来たときは、生徒は校庭で避難指示を待っていたようだ。そんな暇があったら、さっさと裏山に逃げたらよかったものの、とものすごく残念な思いがした。

 東北再生はまだまだ道半ばだ。今年は、秋に釜石のワールドカップラグビー観戦に行ってくるつもりでいる。改めて、被害現場も観てきたい。

|

« №4102 Twitterで気楽に情報発信 | トップページ | №4104 クシャミが止まらない »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4102 Twitterで気楽に情報発信 | トップページ | №4104 クシャミが止まらない »