« №4106 玉川上水沿いを歩く | トップページ | №4108 第36回いきがいゴルフコンペ »

2019年3月15日 (金)

№4107 旧に復しつつある女房の生活

 「奥さんの具合はどうですか?」と、会う人ごとに尋ねられる。私が思わせぶりにブログに書いたことが、かえって心配をあおる結果になってしまったのは申し訳ない。お陰様で、徐々に旧に復しつつある。

 女房は、退院してもう1か月になる。当初は安静と静養とばかりに、寝たり起きたりの生活を繰り返していた。ところが、だいぶ良くなったのだろう、日常生活に戻りつつある。

 「原因は何だったのか」とも聞かれる。彼女は、もともと血圧が高い家系で、自身も絶えず血圧計で測定している。今回の病気の原因は、その血圧の高いのがもとで、血管に負担が生じたのかもしれない。

 退院後、医者には一度も行っていないから良いのかもしれない。今では、何の薬かはわからないが、薬を飲んでいるだけだ。来週にはその薬も切れるから、病院に行かなければならないと話している。その病院も、入院した大病院ではなく、近くの病院で済むという。

 絶対安静から解放されて、入院前に通っていた体操教室通いを再開した。昨日と今日の二日連続で行ったようだ。「無理をしないで、マイペースでやるようにしている」と話していた。やれやれ安心だ。ご心配かけてすみませんでした。

|

« №4106 玉川上水沿いを歩く | トップページ | №4108 第36回いきがいゴルフコンペ »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4106 玉川上水沿いを歩く | トップページ | №4108 第36回いきがいゴルフコンペ »