« №4117 新しい年号は「令和」 | トップページ | №4119 新たなデジカメの購入 »

2019年4月 2日 (火)

№4118 満開の桜の下でゴルフ

 昔の仲間からのお誘いを受け、桜の下『浦和ゴルフ倶楽部』でゴルフをしてきた。参加者は2組7人だった。恐れ入ったことに、このゴルフのために広島の尾道から駆けつけてくれた人もいた。仲間の繋がりというのは、ありがたいものだ。

20190331_095128  この日の天気予報は晴といっていたが、午前中はズーッと花曇りだった。まあ、それでも風はないし暖かかったので、快適なゴルフができた。桜は満開とはいかなかったが、4分咲程度だったか。

 第一組で回ったのは、名人組だ。私が一緒に回ったのは、AsaiさんとKuniさんの3人だ。この日面白いと思ったのは、同伴者によってスコアが動くということだ。特にAsaiさんとは、ほぼ同スコアで前半を回った。8番ホールまでは、偶然にも同組の3人が同スコアだった。そのことに気が付いた私は、9番ホールが勝負だねと宣言した。

 9番ホールは、390ヤードのミドルホールだった。私のドライバーは、最近とみに飛距離が落ちている。第一打は180ヤード程度だったのではないか。ライバルのAsaiさんは200ヤードほど飛ばしている。私の第二打は、得意の7番ウッドだ。このクラブは、160~70ヤードほど飛ぶ。狙い通り、残り60ヤードほどのところについた。

 それに対して、Asaiさんは第二打のアイアンでざっくりやってしまった。私は、第三打を58度のアプローチアイアンで打った。ピンに2メートルほどのところにうまく乗ってくれた。ざっくりやったAsaiさんは4オンだ。Kuniさんも3オンでパット勝負だ。私は下りのパットをうまく入れた。他の二人は2パットで、三人の上りは49、50、51とうまく割れた。久しぶりに40台で上がれた。

 後半は、お昼の祝杯がたたったのか、いつものとんでもない方向に飛んだり、ざっくり、トップの繰り返しだった。私が失敗すると、同組のAsaiさんも失敗、Asaiさんが失敗すると私も同じ過ちを犯した。ゴルフという競技は微妙なもので、どうしても同伴者の影響を受けてしまう。この日は、まさにそういうゴルフだった。

20190331_172810  この日はゴルフの楽しみもあったが、帰りに遠来のお客さんを囲んでの宴会が楽しみだった。会場は、武蔵浦和駅前の『おくどさん』という店だ。くどというのは、竈を意味するのだそうだ。Sekineさんがこの近くに住んでいるとかで、宴会のみに参加してくれた。この席で初めて知ったのだが、奥さんは秋田市内出身だそうで、そのことで席が盛り上がった。

|

« №4117 新しい年号は「令和」 | トップページ | №4119 新たなデジカメの購入 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4117 新しい年号は「令和」 | トップページ | №4119 新たなデジカメの購入 »