« №4121 いつものコースで定例ゴルフ会 | トップページ | №4123 早春の那須へ »

2019年4月 6日 (土)

№4122 大宮で年一回の会合

 もう10年以上も続いているだろうか、大宮で年一回の会合があった。以前は大宮公園駅に集合してお花見をやっていたのだが、最近ではお花見を省略しての飲み会になってしまった。主催者のYouichiさんが足が悪いとのことで、歩けないという。それでも年一度お会いする楽しみはある。

Sdscn0046

 会場は、これもいつも同じなのだが、「中華一番」という格安の中華料理屋だ。何しろ安いお店だ。どんなに食べても飲んでも2000円前後だし、昼休みの混んでいる時間でも、長居しても迷惑がられないのがいい。しかも、料理もしっかりしていて、ボリュームもあり美味しいのだ。この店の餃子など絶品だ。この日はいつもの6人だったが、餃子をお替りして4皿も食べた。

 どういう仲間かというに、同じ田舎に生まれた同郷の会である。長くYamazakiさんを中心に集まっていたが、彼が亡くなってもう2年7か月になるという。その代わりというわけではないが、奥さんが参加してくれている。彼女は秋田市内の出身だが、すっかり田舎の会に溶け込んでいる。

 年一回の会となると、どうしても病気の話になる。参加者は、すべて古希を超えているのだ。話題の中心にどっかり座っているTaguchiさんも、もう5~6年前になるだろうか、スキルス胃がんを患った。彼は無事生還したが、この日参加したKaoruさんの旦那Shigeruさんは、スキルス癌で還らぬ人になった。もう20年になるという。私も、女房の症状の報告をした。女房も、お陰ですっかり元通りの生活を送っている。

 そういえば、主催者のYouichiさんも癌だと言っていた。日本人の二人に一人が癌にかかる時代だ。癌だといって驚くに当たらない。早期発見、早期治療で直る時代になったのはありがたい。そういえば、Kaoruさんも数日前、道を歩いていて眩暈で倒れたのだそうだ。貧血ではないというから、早く医者に見てもらうように忠告した。

 病気の話だけではない。Taguchiさんの趣味の話に聞き入った。彼は最近オートバイを買い、あちこち乗り回すのを楽しみにしているという。さらには、カラオケ通いに老人介護施設の送り迎えと多忙な日々を送っているようだ。あまりの活発さに、目を見張った。そんな話をしているうちに、この店に2時間半も長居してしまった。

Sdscn0047
 さていつものことだが、記念写真を撮って別れた。また来年も、元気な姿でお会いしたいものだ。

Sdscn0055
 皆さんそのまま帰宅したようだが、私は再度大宮公園に行って桜見物をした。歩いて20分ほどだ。満開も過ぎたのだろうか、風に盛大な桜吹雪が舞っていた。これはこれで見事なものだった。

|

« №4121 いつものコースで定例ゴルフ会 | トップページ | №4123 早春の那須へ »

会合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4121 いつものコースで定例ゴルフ会 | トップページ | №4123 早春の那須へ »