« №4125 焚火 | トップページ | №4127 3月に読んだ本 »

2019年4月10日 (水)

№4126 那須に春の雪

Sdscn0075
 朝、女房に起こされた。「見て見て、すごい雪が降っているわよ」というのだ。この日の天気予報は、晴ではなかったのか。布団から起き出して障子を開けた。そう、ものすごい雪が降っていた。粒の大きな牡丹雪だった。すごい勢いで降っている。ただ、道や野原に積もっていないところをみると、どうやら降り始めたばかりのようだ。じっと見ていたら、そのうちに日が差してきた。1時間ばかりの雪だった。

 今回の那須滞在は、3泊4日だ。私は一回しか行かなかったが、女房は3日間温泉三昧だった。近くに住んでいるMatsukawaさんが「花の湯温泉」の年間利用権をもっていて、声をかけるといつでも同伴してくれる。私が温泉に行かないと見るや、Matsukawaさんと誘い合って温泉通いをしていた。

 4日間、那須でのんびりした。さて帰ろうか。家中掃除して、洗濯も終え、朝10時近くに那須を出発した。那須の新緑はまだで、桜の蕾も固かった。帰りのカーラジオでは、宇都宮がこの日桜満開になったと報じていた。標高の差があるかもしれないが、60kmほど離れた那須の桜が1分も咲いていないのに宇都宮が満開とは、ずいぶん違うものだね。

 帰る途中にある「矢板道の駅」で、買い物をしてきた。那須に行く時にも立ち寄ったのだが、この道の駅のイチゴがおいしかった。お土産にとイチゴを買い求めた。さらに、野菜やジャガイモ、お花などを買って帰った。

 帰りの運転をしていて、アクセルを踏んでもスピードが出ないのに気が付いた。何でだろうか考えてみたら、飲料水を8箱ほど積んでいるのだ。これだけで100㎏もある。どうりでスピードが出ないわけだ。ただこの飲料水は、2ヶ月近くは持つのではないか。まあ、5月の連休も那須で過ごすつもりだ。余分の水は、安心量と考えている。

|

« №4125 焚火 | トップページ | №4127 3月に読んだ本 »

那須【あるるのいえ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4125 焚火 | トップページ | №4127 3月に読んだ本 »