« №4140 神田まつや蕎麦店 | トップページ | №4142 階段の手すりの効用 »

2019年4月25日 (木)

№4141 扇山ハイキング

Sdscn0172
 東京シニア自然大学NEXTの講座で、「扇山ハイキング」に参加してきた。扇山は、中央線鳥沢駅で降りてそこから登りだ。ただ、この日は世話人の配慮で、登山口までバスで送ってくれるとのことだ。約1時間の節約になった。この日の参加者は、会員17名とガイド一人の計18名だった。扇山の標高は1138mで、登山口は600mだったから、538mの標高差である。

Sdscn0180
 この登りを気にして欠席した方も多かった。実は私も、普段の運動不足で本当に上れるかどうか心配だった。まあ、それでも1時間半ほどの登りだ、頑張ってみよう。この日は、朝から小雨が降っていた。傘を差している人もいたが、傘がなくても大丈夫のようだ。出発前に雨具を着る人もいたが、これもいらないほどの雨だった。

Sdscn0178  Sdscn0179

 登りに自信のない私は、ガイドの後でセカンドを歩いた。じっとガイドの足元を睨みながら登ったが、とめどなく汗が流れた。下着も汗でぐっしょりだったが、着替えは持ってきていなかった。被っていた帽子からは、雨だれのような汗が落ちた。登山道にはそんなに花は咲いていなかったが、それでもいくつかはガイドが教えてくれた。イカリソウに一人静だ。

Sdscn0181
 ガイドは大月市から紹介を受けた人だったが、この山には何百回となく登り、隅から隅まで知っている人だった。無料でのガイドだったが、この日はガイドがいなくても済んだかな。フラフラしながら、ようやく頂上にたどり着いた。仲間の一人は、私の携帯アプリに「正確な高度計」がインストールされているのを知っていた。「この頂上は、何メートルか見てほしい」というので測ってみたら、1168mを差していた。ほかの方の高度計は1138mだったから、「正確な高度計」は不正確なのだ。

Sdscn0182  Sdscn0185
 頂上で30分ほどのお昼休憩を取った。本来、扇山は眺望で人気がある山のようだ。晴れていると、富士山や丹沢、南アルプスが望めるという。残念ながら、この日はガスで曇っていて眺望は望めなかった。しかし、自然の木瓜の花がたくさん咲いていた。木瓜というのは、自然にも咲くんだね。

Sdscn0189
 下りは登りほどでもなかったが、それでも足の筋肉はパンパンだ。青息吐息でようやくふもとにたどり着いたが、それでもダウンした人がいた。私でなくてよかった。帰りに、駅からこの日登った扇山が望めた。とにもかくにも、生ビールを飲んで帰ろうよ。

 

|

« №4140 神田まつや蕎麦店 | トップページ | №4142 階段の手すりの効用 »

東京シニア自然大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4140 神田まつや蕎麦店 | トップページ | №4142 階段の手すりの効用 »