« №4174 二か所の墓参り | トップページ | №4176 津軽を旅する »

2019年5月29日 (水)

№4175 白神山地を望む

 秋田のホテルを朝8時30分に出た。今夜の宿は、津軽の鰺ヶ沢温泉だ。カーナビで宿泊先を入力したら、約200㎞あった。天気も良いし、ゆっくり走っていこう。この日の旅程の途中に、白神山地がある。以前からぜひ白神山地には行ってみたいと思っていた。そう、川崎の姉がまだ秋田にいるころ、兄弟旅行で白神に行く計画を立てた。なぜかしらないが、その計画は頓挫してしまった。亡くなった弟が元気な時だったから、もう10年以上も前のことになる。

 八峰町の道の駅で、白神山地を望む場所はないか聞いてみた。そしたら、「二ッ森の登山道入り口付近に行ったら、白神岳は見えるのじゃないかな」と親切に地図まで示して教えてくれた。国道からそれて20㎞も走るらしい。道の駅でお弁当を買い、二ッ森の登山道入り口を目指した。林道は狭く、切り立っていた。踏み外すと奈落の底に落ちると思うと、久し振りに怖い思いをしながら運転した。対向車が来ると、すれ違えないほどの狭さだった。

Dscn0392
 30分も運転しただろうか、ようやく目的地に着いた。白神山地はブナ林で有名だが、目的地にはブナの若木がたくさんあった。ただ、大木を見るというところまではいかなかった。弁当を広げながら、新鮮な大気に触れた。ただ、そこからは白神岳は見えなかった。
Dscn0394  Dscn0395

 一体標高何mあるのだろうか、スマホのアプリで調べてみたら903mとあった。標高ほぼ0mから登ってきた。山陰には雪が残っていた。冬は相当な豪雪だろうね。日当たりの良いところには山菜のゼンマイがあった。ただ注意書きがあって、「山菜は採ってはいけない」のだそうだ。それにしては、山菜採りの車がたくさん入っていたね。

Dscn0399
 車で下山するときに、ようやく目的の白神岳が見えた。白神岳は、標高1232mだそうだ。峰には残雪が見られた。登るのには5時間ほどかかるとあったが、今はそんな元気はないだろうね。

Dscn0400
 今夜の宿泊地、「鰺ヶ沢温泉 水軍の宿」に着いたのは午後3時頃だった。早速温泉に入って、旅の汗を流した。夜は、宿のイヴェントで津軽三味線を聴いた。それにしても東北を旅すると、ラジオから民謡が流れていることが多い。私は、民謡が大好きだ。特に「秋田民謡」がいいね。

 

| |

« №4174 二か所の墓参り | トップページ | №4176 津軽を旅する »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4174 二か所の墓参り | トップページ | №4176 津軽を旅する »