« №4150 那須の渋滞を避けて | トップページ | №4152 10連休が終わる »

2019年5月 5日 (日)

№4151 帰りの道は混むかな

 那須で4泊5日を過ごした一行は、いよいよ帰る時を迎えた。いつも「枕が変わると眠れない」と嘆く川崎の姉は、どうだったのだろうか。それがご満悦の様子で、「思った以上に楽しかった」と喜んでいた。姉はカードゲームのほかに、ハーモニカを持参していた。なんでも、「ハーモニカ・クラブ」に入っているのだそうだ。

 ハーモニカで吹く曲を聞いていたら、これがド演歌ばかりだ。せっかく那須で吹くのだから、もう少し高級な曲を吹けばいいのにね。ま、それでも超わがまま姉の機嫌を損じたら大変だ。自分の好きなようにさせておくのが一番なのだ。

 渋滞情報を見ていたのだが、この日も高速道路は40㎞の渋滞が予測されていた。ところが、われわれは一般道で帰るつもりだ。どんなに高速道が渋滞していても、一般道が渋滞していたことはほとんどない。まあ、それでも用心して朝10時に那須を出た。

Dscn0239
 やはり、予想通り国道新4号線はガラガラだった。むしろ普段より車が少ないくらいだ。特に、休日はトラックがほとんど走っていないので、いつもより空いていた。帰りは道の駅で買い物をするのだそうだ。

 予定通り、11時40分くらいに「道の駅しもつけ」に到着した。男二人は、ここで昼食を摂った。ところが女どもは買い物に夢中だった。一体、何を買おうとしていたのだろうか。川崎の姉は、ベランダに植える花を探していた。そして、ゼラニウムを10鉢ばかり買っていた。「ゼラニウムは、管理が簡単のよね」。

Dscn0240
 横浜の姉と女房は、自宅用に野菜を買った。今回、わが家への送り迎えは甥のShigeがやってくれた。電車だと買えない重い荷物も、送迎車があるから安心だ。この道の駅は、いつも新鮮な野菜が並んでいて人気だ。私も並んでいる野菜を見て歩いたのだが、なんと一粒500円のイチゴが並んでいた。大粒なイチゴだったが、500円となるととっても手が出ない。果たしてどんなに甘いのだろうか。

 車は荷物でいっぱいだった。買った花の鉢や野菜は、荷台には積めない。狭い思いをしながら足下において運んだ。お陰で、帰りの車は窮屈だったらしい。ただ、この道の駅から自宅までは1時間ちょっとで着く。しばらく窮屈な思いを我慢しなければならなかった。そして、自宅に着いたのが午後1時半ころだ。

 自宅に着いたと思った丁度その時、迎えのShigeも到着した。彼は、自宅を12時ころに出たらしい。「首都高も意外と空いていたよ」と話していた。やれやれ、これでわが一家の連休は無事に終わった。

|

« №4150 那須の渋滞を避けて | トップページ | №4152 10連休が終わる »

那須【あるるのいえ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4150 那須の渋滞を避けて | トップページ | №4152 10連休が終わる »