« №4184 スマホを買い替える | トップページ | №4186 梅雨に入る »

2019年6月 8日 (土)

№4185 映画「長いお別れ」

Sdscn0526
 映画『長いお別れ』を観てきた。私にとって『長いお別れ』は、レイモンド・チャンドラーの同名の小説である。探偵フィッリップ・マーロウの活躍する探偵小説だ。今回の映画の原作は中島京子で、以前同氏原作の『小さいおうち』の映画を見た。黒木華主演の映画だった。

 今回の映画は、テーマは認知症だった。このところ、老人の交通事故の話題で世情を賑わしている。主な原因はアクセルとブレーキの踏み間違いのようだが、アクセルとブレーキを踏み間違えるなどは信じられない。どうしてそんなことが起きるのだろうか。

 老人(山﨑努)は元中学校の校長で、2007年、70歳ころから認知症の症状が出ていた。老人には二人の娘がいた。お姉さん(竹内結子)はアメリカに住んでいて、旦那と一人息子が一緒だった。妹(蒼井優)はフリーターで、飲食店に勤めたり、自分で飲食店をやったりしていた。蒼井優は,このところ山里亮太との結婚で話題になっている。

 認知症が始まったのは2007年で、当初は軽いものだった。当初は妻(松原智恵子)の手で足りたが、病気の進行とともに妻だけでは足りない。勢い、娘たちが手伝いに来た。姉も、問題の起きるたびにアメリカから帰国する。ただ彼女にも不登校の息子を抱えていた。負担は妹に多くかかってくる。

 年を経るにしたがって認知症は進行する。40年住んでいる家で、老人は仕切りに家に帰りたがった。田舎の家に連れていってみたが、どうも彼の帰りたがっている家は、田舎の家ではないようなのだ。また、老人は読書好きのようで、難しい本を読んでいる。アインシュタインの「相対性原理」の文庫本は、読んでいるのは逆さまだった。認知症が進行しているのだろう。

 認知症発症から6年、2013年には食事もとれなくなった。徐々に弱まる老人を家族で見守るこの映画は、認知症を抱える家族の問題、家族の温かさなどを考えるきっかけになる佳作の映画だあった。

|

« №4184 スマホを買い替える | トップページ | №4186 梅雨に入る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4184 スマホを買い替える | トップページ | №4186 梅雨に入る »