« №4194 連日のサッカー観戦で寝不足に | トップページ | №4196 伊奈桟雲の会の定例句会 »

2019年6月18日 (火)

№4195 映画「空母いぶき」を観る

Img201906171304331
 先日高校同窓会で、映画監督の若松節朗さんが「私が作った映画『空母いぶき』をぜひ観てください」と訴えていた。私も映画は嫌いではない、早速観に行くことにした。月曜日のせいか、映画館は数えるほどしか入場客は入っていなかった。

 この映画は、かわぐちかいじのコミックを原作にしているようだが、原作は読んでいない。もちろん、前の作『沈黙の艦隊』も読んでいない。そもそもコミックを読む習慣はないのだ。さらに、この映画は戦争映画だったが、戦争を題材にした映画もあまり見ていない。それならなぜこの映画を観たかというと、唯一、監督若松節朗がどういう映画を作ったかに興味を抱いたためだ。

 日本はその計画はありつつも、いまだ空母を持っていない。現在、空母を持つ是非も論じられている。映画は、あるクリスマスイブの前日、仮想国の東亜国が自衛隊に攻撃を仕掛けるというものだった。太平洋の南鳥島の近くに、初島という島がある想定だ。初島を占領した東亜国が、さらにその島に向かう自衛隊空母いぶきに攻撃を仕掛けてきた。

 潜水艦からミサイルを発射し、さらには戦闘機で攻撃を仕掛けてきた。ものすごく大掛かりな仕掛けだった。いらぬ心配かもしれないが、これだけの大仕掛けにずいぶん映画制作費がかかったのではないか。

 さらに、この映画には色々な小細工もあった。中井貴一が演じるコンビニの店長が、クリスマスプレゼントの長靴にお菓子を詰め込む作業をしている間に居眠りをしてしまった。このシーンは何の隠喩か考えたが、戦争が起こるのはあっという間だし、終わるのもあっという間ということだったのか。いわばわずか24時間の出来事だった。


 映画は面白かったが、私の好みではなかった。

|

« №4194 連日のサッカー観戦で寝不足に | トップページ | №4196 伊奈桟雲の会の定例句会 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4194 連日のサッカー観戦で寝不足に | トップページ | №4196 伊奈桟雲の会の定例句会 »