« №4200 梅干を漬ける | トップページ | №4202 那須は連日の雨 »

2019年6月24日 (月)

№4201 赤紫蘇団子

Img201906230942191  さて梅を漬けたし、次の段階は赤紫蘇漬けだ。赤紫蘇は4束買っておいたが少し心許ないな。もう2~3束欲しいね。昨日赤紫蘇を買ったスーパーに行ったが、今日は入荷していないという。仕方がないの少し高いスーパーで買うことにした。このスーパーなら2束だ。

Img201906231026251  昨日のうちにすでに買っておいた4束を枝から外し、バケツに入れ水に浸しておいた。朝起きてみたら、入れておいたはずの水がない。ポリバケツの底に穴が開いているのかな。買ってきた赤紫蘇2束も葉をむしり取った。そして、丁寧に洗った。揉みこむような形で3度ほど洗い、泥を落とした。

Img201906231048371  バケツから赤紫蘇を出し、しっかりと水切りをした。これも丁寧に3度繰り返した。結構赤紫蘇の量は多い。さて、これを絞り込むとどれだけになるのか、楽しみだ。

 ボウルに塩を入れた。これもきっちり秤で15グラム計った。昨日梅を漬けたのが塩5%だ。それにこの赤紫蘇で、梅干漬けの塩の量は6.5%になる。

Img201906231123391  ボウルの塩に水から上げた赤紫蘇をまぶし、灰汁抜きをした。この灰汁取りの絞りは力仕事だ。一度目の絞りは、灰汁抜きというより水分を抜くためだ。二度目の絞りから、本格的な灰汁抜きだ。灰汁抜きをするたびに、赤紫蘇団子はだんだん小さくなった。そして四度の灰汁抜きで、団子は3個まで小さくなった。

Img201906231123321_20190623141101  絞って抜いた灰汁の汁は小川に流すと毒だろう。トイレに流した。この赤紫蘇団子は自宅に持ち帰り、白梅酢が出た後に梅干と一緒に漬けこむつもりだ。

|

« №4200 梅干を漬ける | トップページ | №4202 那須は連日の雨 »

梅干漬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4200 梅干を漬ける | トップページ | №4202 那須は連日の雨 »