« №4130 介護保険料の高騰 | トップページ | №4132 城下町佐倉の街歩きと国立歴史民俗博物館 »

2019年7月24日 (水)

№4131 爪水虫

Sdscn0671  右の親指の爪が爪水虫(爪白癬)に侵されたのはいつのことからだろうか。爪の変形は気になっていたが、痛くも痒くもないのでそのまま放っていた。多分、足の指の間にできた水虫が移ったのだろうか。足指の水虫はとうに治ったが、爪水虫はそのまま残っている。

 そもそもこの爪水虫に関心を持ったのは、ネットニュースに「爪白癬」の記事が出ていたからである。その記事によると、「爪水虫は自然治癒することはない。そのまま放っていると、靴の中に嫌な臭いが残る。劇的に治る薬ができたので、使ったみたらどうか」という製薬会社のコマーシャルだった。ただその薬を飲むと10%程度だが、肝臓を傷めることもあるらしい。

 以前は必ず靴を履いていたので、なかなか足指の水虫は治らなかった。それが今靴を履くことがほとんどなくなるとともに、水虫も自然治癒したのではないか。私には、水虫を治すために薬を塗った記憶はない。

 放っておいても自然治癒することのない爪水虫を本格的に退治しよう。ネット情報によると、爪水虫は塗り薬では治らないという。また別の情報では、以前に比べて塗り薬が良くなったともいう。思い立ったが吉日と、皮膚科のある病院に行って治療を受けることにした。ネットで調べてみると、近くに皮膚科の病院があった。

 幸い客がいなく、ガランとした病院だった。すぐにも治療が始まった。「間違いなく爪水虫ですね。指の間の水虫は治ったと思っているかもしれませんが、まだ水虫菌はいますよ。薬には内服薬くと塗り薬があります。ただし、内服薬は6か月ほど飲むことになりますが、塗り薬だと約1年かかります。爪が生え変わるまでそのくらいに時間がかかるということです。どちらにしましょうか」とのことだった。

Sdscn0672  まあ、今回は塗り薬にしようと決めた。処方された薬は『クレナフィン爪外用液10%』というものだった。一日一回、寝る前に塗布するのだそうだ。3か月ほど持つらしい。ということは、この病院に4回は通う必要があるかな。

|

« №4130 介護保険料の高騰 | トップページ | №4132 城下町佐倉の街歩きと国立歴史民俗博物館 »

健康」カテゴリの記事

コメント

爪水虫の治療について。薬の効果が出てきたら、是非また報告して下さい。効果があるようなら私も使ってみたいですね。shinさんの治療と経過観察を是非ここにアップして下さいね。多くの方が関心を持っていると思いますよ。最近の水虫の塗り薬の即効性には目を見張るものがあり、大変助かっています。今は、健康のためにできるだけ歩くようにしているのですが、都内を歩くと本当に足が疲れるのです。中敷きも入れているのですが、何か良い方法をご存知の方は是非教えて下さい。足裏とふくろはぎが辛くなります。よろしくお願いします。

投稿: ルート36 | 2019年7月25日 (木) 09時27分

ルート36さん
コメントありがとうございます。
薬を塗り始めて2日、
まだ効果のほどは分りません。
爪が生え変わるまで一年かかるとのことで、
結果はそれまで待つ必要があるかもしれません。

投稿: シンさん | 2019年7月25日 (木) 10時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4130 介護保険料の高騰 | トップページ | №4132 城下町佐倉の街歩きと国立歴史民俗博物館 »