« №4119 二つの俳句会報の仕上げ | トップページ | №4121 那須で土木工事 »

2019年7月13日 (土)

№4120 スズメバチの巣ができてるよ

 那須に住むOhnoのお父さんから、「玄関脇の小鳥の巣ににスズメバチの巣ができたよ」と連絡があった。お父さんが退治してくれたようだが、どういう様子か見てみる必要がある。女房と一緒に那須に行くことにした。

 いつもの一般道国道新4号線を那須に向かった。運転しながら思ったのだが、この道は年に何度通っているのだろうか。少なくとも15往復はしているような気がする。片道約140㎞の那須は、この12年間、一度も事故は起こしていないし、警察に検挙されたこともない。どこに行くとどういう信号があるのか、もうすっかり頭に入っている。

 しかし、今回那須に向かう途中で、昼食で中華料理屋に初めて入った。女房が先日入って、とても美味しかったという台湾料理屋だった。まあ、そこそこ美味しかったが、飛び上がるほどということもなかった。買物をして那須に着いたのが午後2時頃だ。

Dscn0641  「あるるのいえ」の玄関脇に鳥の巣が放ってある。木の上にかけていたのだが、一度巣の中を洗おうと木から降ろしてそのままになっていたものだ。巣の中を覗いてみたら、たしかにスズメバチの巣が出来ていた。

 その内にお父さんが、あるるのいえに顔を出した。「玄関の周りをスズメバチがブンブン飛んでいたよ。危ないので殺虫剤で殺しておいたけどね」といっていた。実際の巣を見てもらいたいと、そのままにしておいたらしい。

Dscn0646  小鳥の巣の屋根を剥がしてみた。たしかに巣の中にはスズメバチの巣が出来ていた。ただ、まだできたばかりのせいか、小さかった。「このまま放っておくと、どんどん大きくなって小鳥の巣の外にはみ出していただろうね」といっていた。蜂の巣を壊してみたら、大量の蜂の子が死んでいた。これがそのまま成虫になったら、大変なところだった。

 小鳥の巣は、毎年何らかの鳥が営巣していた。多いのは四十雀かな。ただ、昨年は雀がこの巣に入っていた。屋根を開けてみたら、なかには苔様の植物がびっしっり詰まっていた。

 もう一度この巣をきれいに洗って、木の上に架けよう。

|

« №4119 二つの俳句会報の仕上げ | トップページ | №4121 那須で土木工事 »

那須【あるるのいえ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4119 二つの俳句会報の仕上げ | トップページ | №4121 那須で土木工事 »