« №4129 参議院選挙の結果は? | トップページ | №4131 爪水虫 »

2019年7月23日 (火)

№4130 介護保険料の高騰

 市役所から手紙があり、「介護保険料納入通知書(特別徴収決定通知書)」のお知らせがあった。その通知書によると、8月から介護保険料が3割弱値上がりするという。しかも、この介護保険料は年金から自動引き落としである。「こんなひどいことがあるのか」と女房は激怒していた。「少ない年金料なのに、そこから天引きしてしまうなんてひどい」と怒っているのだ。

 介護保険料がどこで決まっているのかは知らない。それにしても平気で3割も値上するなんて、社会常識としても納得いかない。それに年金額が徐々に下がっている。下がる額が100円単位なので、まあ、それは我慢できる。ただ、今回の介護保険料の異常な値上がりは納得できない。

 年金から大幅に差し引くのは、安易すぎる。少なくとも支払う人の了解をえる手続きが必要なのではないか。

 ただ、少子高齢化の時代に、ある程度の値上がりはやむを得ないかもしれない。一つの例が身近にある。わが友Ogiさんが、今年の初めに腰の骨折で長期入院していた。5月の連休明けまで、約4か月の入院だった。退院した後も、厳しいリハビリが続いているらしい。そのリハビリ中に介護認定があったらしい。一番体調がひどい時の認定だけに、介護認定4に指定されたらしい。

 先日Ogiさんに電話をしたら、「介護認定4に指定されたので、厚い手当てがされるようになった。一週間に6日間、ヘルパーが来てくれるようになった。今も若い人3人が来て夕食を作って帰っていったよ。一週間に二度お風呂にも入れてくれるし、二階に上がる階段に手すりも新設してくれた。介護認定4というのは、こんなに有り難いとは知らなかった」といっていた。

 介護保険は、地域によって料金が違うらしい。介護料金は、地域の被介護者の人数で違うという。これから高齢化がますます進む。ということは、介護保険料はますます高騰化するだろう。受給者にとっては有難い制度かもしれないが、支払う側には割り切れない思いがする。値上がりはやむをえないかもしれないが、少なくとも支払う側に十分に納得してもらう手続きが必要なのではないか。

 少なくとも、年金だけを頼りに生きている老人所帯には、介護保険料のムチャな値上がりは深刻な問題だ。

|

« №4129 参議院選挙の結果は? | トップページ | №4131 爪水虫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4129 参議院選挙の結果は? | トップページ | №4131 爪水虫 »