« №4145 那須で熱中症か | トップページ | №4147 予定より一日早く自宅に帰ろう »

2019年8月 9日 (金)

№4146 暑くても、那須はやはり温泉

 女房が帰宅して、また自炊生活が始まった。さらに三日滞在するつもりで、買い物に出かけた。三日分の買物は、それぞれ何を食べるか想像しながら買った。どうしても必要なのが枝豆だ。この時期、枝豆を食べながらビールを飲むのが定番だ。「男の料理教室」で鍛えられたせいか、料理を作るのにあまり苦手意識はない。むしろ、何を作るのか考えながらの買物は楽しいね。

 前日の暑さと打って変わって、那須は心地よい風が吹いている。

 そうだ、向かいのOhnoさんちに電気屋が来たのか尋ねてみた。Kayoさんのいうには、「昨日の夕方電気屋が来て、見積もりをしていったよ。見積だと9万円弱とのことで、予算よりだいぶオーバーでした。今回は見送ろうかしら。シンさんちはどうするの」と聞かれた。私も今設置するのではなく、来年の春頃を考えていると返事した。何しろ、女房はクーラーがないともう那須には来ない、というのだ。

 女房もいないし、那須は静かなものだ。ただ、午後になったら雷が鳴りだした。入道雲もキラキラ光っている。これは一雨来るな、と空を見上げていた。そうだ、雨が降ると空いているだろうと、温泉に出かけることにした。最近あまり行っていなかったが、「小鹿の湯」にいこう。

Img201908081436311  案の定、小鹿の湯には客は一人もいなかった。いつも行っている自在荘の温泉は無色透明だが、この小鹿の湯は硫黄温泉だ。PHが2.6というから、かなり酸性の強い温泉だ。やはり温泉は硫黄温泉に限るな。温泉に入っていたら、物凄い雨が降ってきた。屋根を叩く雨の音がすさまじい。まあ、温泉に入っている分には支障がない。

 雨が小降りになったころに、ぼちぼち客が入ってきた。温泉を出るころには、雨が上がっていた。雨が降ると暑さも一段落する。夜は寝心地よく、ぐっすり眠れた。

|

« №4145 那須で熱中症か | トップページ | №4147 予定より一日早く自宅に帰ろう »

那須【あるるのいえ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4145 那須で熱中症か | トップページ | №4147 予定より一日早く自宅に帰ろう »