« №4138 梅を漬ける | トップページ | №4140 極暑の夏は那須で »

2019年8月 1日 (木)

№4139 蓮田Pasarの開業

Sdscn0718  テレビでニュースを見ていたら、蓮田の新たなサービスエリア「Pasar蓮田」が7月29日に開業したという。先日の記事で、新しいサービスエリアが8月にできるとお話ししたが、開業が早まったものらしい。早速見に行ってみよう。このサービスエリアは、高速道を使っていなくとも裏から入場できる。ただ、皆さんニュースを見たらしく、入場するのには長蛇の車列だった。20分ほど並んだかな。

Sdscn0719  ここは、わが街の新しいショッピングセンターにもなった。中にはスーパーやコンビニ、食堂街がある。「蓮田農産物コーナー」もあった。最近新設されるサービスエリアにはスーパーが流行となっているようだ。今話題のキュウリが、4本100円で売られていた。

Sdscn0721  福島の桃も山盛りに積んであった。農産物や果物は、東北自動車道の沿線から持ち運んできたようだ。那須のチーズやさんも出店していた。私は、お土産に4個500円の規格外れの桃を買った。自宅に持ち帰って食べてみたが美味しかった。

Sdscn0725  フードコーナーにも出店が多かった。全部で22店あるという。蓮田で一番のレストランも出店していた。私は昼食がまだだったので、このフードコーナーでかき揚げそばを食べた。

Sdscn0729  この新しいサービスエリアは「Pasar蓮田」という名前だそうで、従来のサービスエリアに比べて乗用車で二倍、トラックで四倍収容できるのだそうだ。さらに大きな特徴として、防災設備が完備しているという。ヘリポートの新設や防災設備の充実、毛布や水を備え、首都直下型地震があっても、2~3日は持ちこたえるらしい。

 ありがたいことに、ここはちょっとした買い物に便利だ。

|

« №4138 梅を漬ける | トップページ | №4140 極暑の夏は那須で »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4138 梅を漬ける | トップページ | №4140 極暑の夏は那須で »