« お休み | トップページ | №4145 那須で熱中症か »

2019年8月 7日 (水)

№4144 白河高原でゴルフ合宿

 もう定例化して3年になるか、「白河高原カントリークラブ」で夏のゴルフ合宿があった。私は那須から車でゴルフ場に行ったのだが、那須からゴルフ場までは25㎞、40分かかった。「あるるのいえ」を8時15分に出て、着いたのが8時50分過ぎだ。ちょっと早かったかもしれない。

 この日の参加者は11名で、大半が新幹線とバスを乗り継いでゴルフ場に着いた。ただ、キャプテンのYanaiさんはこのゴルフ場のすぐ近くに別荘があり、その別荘からのお出ましだ。二日ほど前に来て、滞在していたのだそうだ。私は一度その別荘を見たいと思っているが、まだ訪れたことはない。年一度、この合宿のためだけに使っている、と言っていた。

Dscn0752  そうこうしているうちに、参加者が次々に到着した。ほとんどが前年からの参加者だが、なかにはは初顔の人も何人か混じっていた。第一日目のスタートは午前11時だ。夏の真っ盛りで、白河高原といえども暑い。ただここの標高は850mほどで、日陰に入るとヒンヤリした。

 私のゴルフはいつもそうなのだが、スタート時にはナイスショットを連発する。ただ試合が進むにしたがって、クラブに当たらなくなってしまう。普通の人と違って、段々腕に力が入り力んでしまう。普通はラウンドが進むにしたがって、力みがとれるはずなのだが、そこが違う。わかっていても治らないのだから、悲しいね。

Dscn0753  それにしても、このゴルフ場は面白いというか、難しい。OUT5番ホールは、谷越えの160ヤードショートホールだ。レディースティーでも145ヤードほどある。クラブにきちんと当たらないと、谷を越えるのは難しい。残念ながら、私は二日間とも谷底にボールを落としてしまった。どうも年を取るにしたがって、ゴルフがますますヘタになっていくのを実感する。この日は同世代の人の参加が多かったが、皆さん、異口同音に同じことを言っていた。

Dscn0760  このゴルフ合宿は、涼しいところでゴルフを楽しもうという趣旨でもあるが、同時に参加者で交歓を楽しもうという会でもある。アルコールが入るにしたがって、座は大いに盛り上がったことは言うまでもない。10数年振りに参加したAsaiさんはダジャレの名人であるが、そのダジャレもいつもにまして冴えていた。

Dscn0768  もちろん、食堂での交歓会だけで終わるわけではない。宿泊したロッジに行っても、二次会は大いに盛り上がった。

|

« お休み | トップページ | №4145 那須で熱中症か »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

Isao先輩の元気な姿を確認して嬉しいですね。

投稿: アスペル山ちゃん | 2019年8月 8日 (木) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お休み | トップページ | №4145 那須で熱中症か »